目頭切開のリスクと注意点

目頭切開 目頭切開のリスクと注意点 目頭切開の名医

目頭切開のリスクと注意点

・傷跡について
目頭切開の場合、常に見える箇所に傷跡が残ることになります。もちろん、傷跡はそんなに目立つわけではなく、メイクをすれば全然バレずに隠せる程度です。ただ、すっぴんのときは少し目立ってしまうかもしれません。二重切開の傷は目を開いていれば見えないので、バレずに済みますが、目頭切開の傷はそうはいきません。また、抜糸をするまでの間、糸が常に見える部分についているので、なかなか人に会いづらく、お休みも必要になります。

傷の赤みも3〜6ヶ月は残りますので、気になる方はメイクで上手に傷跡を隠さなければなりません。

・傷の固さ
術後、傷は固く盛り上がってくる可能性があります。

目頭は他の部位に比べ、瘢痕ができやすい部分になります。術後の1ヶ月くらいが傷の固さのピークです。なので、つっぱり感や違和感を感じたり、見た目的にも心配になってしまう方もいます。そういった症状が気になる場合、傷を柔らかくするような内服薬を出してもらえることが多いです。

関連記事

テスト

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る