脂肪吸引
自分の体のラインに自信ありますか?
くびれ、失われてきていませんか。

太ももが細かったら.. 二の腕の太さが気になる.. 太っているわけじゃないけどぽっこりお腹が… 人それぞれボディラインに対する悩みやコンプレックスを抱えているものです。逆にプロポーションに対し自信を持っている女性は少ないでしょう。

ボディラインの悩みは尽きるものではないでしょうし、ヨガなどの運動ダイエットで理想のスタイルを手にすることなんて現実には不可能です。

なぜなら、ボディラインをあらわす皮下脂肪の量・厚さというのは、鼻の高さや輪郭と同じように持って生まれたものであって思い通りに変化させることなんてできるわけがないんです。
でも理想のスタイル、プロポーションを手に入れたい! あなたのその想いを叶える方法はあります。それが『脂肪吸引』なんです。

脂肪

脂肪吸引とは、文字通り皮下脂肪を吸い取る治療のことです。気になる太さのある部分、つかめてしまう皮下脂肪など余分な脂肪を吸い取って、部分的に痩せさせる、見た目に細く変化させるのが「脂肪吸引」です。

脂肪吸引

専用の吸引カニューレ(吸引管)を使って、皮下脂肪を吸い取る、吸い出すため確実に皮下脂肪を取り除くことができるので、理想のボディスタイルを描くことができます。運動やダイエットなど自分自身で努力する必要は何もありません。無理なく治療するだけで確実に細くできるのが脂肪吸引なのです。

脂肪吸引とは

脂肪吸引というのは、専用の吸引管(吸引カニューレ)を使って直接皮下脂肪を吸い取る治療です。吸い取った脂肪細胞は再発することがありませんので、部分的な脂肪細胞数は大幅に減少させることができ、部分的に痩せさせることができます。

脂肪吸引

どうやって脂肪を吸い取るの?

どうやって皮下脂肪を吸い取るの?って言う疑問を持っている方も多いと思います。実は脂肪吸引は単純です。
皮下脂肪の層全体にチューメセント液と呼ばれるお薬の混合液を浸透させ、脂肪層を柔らかく分離させます。そうして吸引管を使って一気に皮下脂肪を吸い取るんです。

麻酔方法は?

麻酔方法ですが、基本的には局所麻酔で対応します。ただし吸引する範囲が広くなればなるほど麻酔薬の散布・注射時の痛みが強いので、静脈麻酔全身麻酔と言った麻酔を併用するのが一般的です。

脂肪吸引のできる場所

脂肪吸引は皮下脂肪を取る治療ですから、皮下脂肪が存在する場所であれば基本的にはどこでも治療することが可能です。ここでは一般的に多い脂肪吸引の場所、人気の高い脂肪吸引の部位をご案内します。

顔(頬・顎)の脂肪吸引

顔を少しほっそりしたい。二重アゴを治したい。顔の脂肪吸引でなんとかなる! それほど太っている訳じゃないけど、二重アゴになっている人や顔のお肉が多くて…と悩んでいる人にぴったりの頬の脂肪吸引。耳の真下から皮下脂肪を吸い出してくれるため確実な効果が認められる。たるみを心配している人も多いが、しっかりとしたケアで弛みは止められ安全に細くすることができる。

顔の脂肪吸引

二の腕の脂肪吸引

二の腕の太さは体全体をむっちりとした印象を与えてしまう。二の腕の脂肪吸引でほっそり腕に変わりたい。
二の腕の脂肪吸引は人気の高い手術です。ひじの部分から二の腕の皮下脂肪を吸い出して細くするため安全で確実な効果を得ることができます。運動は皮膚の弛みを取ることはできますが、太い二の腕を細くすることはできません。いつまでも悩みを抱えるなら思い切って脂肪吸引に頼ることをお勧めします。

二の腕の脂肪吸引

お腹の脂肪吸引

ぽっこりお腹は幼児体型に見えてしまい、美しいボディラインとは程遠いもの。今すぐぽっこりお腹を脂肪吸引で解消しませんか。お腹のつまめるお肉のほとんどは皮下脂肪、それを簡単に吸い出してスッキリさせることができるのが「お腹の脂肪吸引」。簡単に皮下脂肪だけを吸い取る脂肪吸引であなたの望むスタイルを手にしましょう。

お腹の脂肪吸引

ウエストの脂肪吸引

くびれ少なくなっていませんか? 皮下脂肪が溜まってしまうとくびれは徐々になくなってきます。でもご安心を! ウエストの脂肪吸引なら余分な皮下脂肪を吸い出して、再びくびれを作ることができるのです。 短期間でくびれを作ることができる唯一の方法「ウエストの脂肪吸引」であなたの望むボディラインを描いて見ませんか。

ウエストの脂肪吸引

太ももの脂肪吸引

パンツやデニムを履くとムッちりとした太ももが露わに…
痩せすぎた太ももはスタイル↓適度な肉付きは美しいスタイルを大きく表現してくれる。脂肪吸引で太すぎる太ももをスリムに整え、パンツのライン、体のフォルムを美しくする。太ももの脂肪吸引はポイントで吸引することもできるし、全周法のように全体的な細さを作り上げることができる。

太ももの脂肪吸引

ふくらはぎの脂肪吸引

美しく輝いた白いふくらはぎはちょっと細めが魅力的
膝下の太さを気にしている女性は非常に多い。ふくらはぎの太さの原因は皮下脂肪か筋肉。筋肉が太い場合は脂肪吸引では効果はない。脂肪か筋肉かはセルフでも判断できる。脂肪吸引の適応がないのに手術をしていてはお金と時間の無駄。適切な美容外科での治療が必要である。

ふくらはぎの脂肪吸引

脂肪吸引は安全なの?

脂肪吸引を受けてみたいなって思った方、多いでしょう。
でもやはり気になるのは安全なのかということ。口コミを見る限り、成功したという人もいれば後悔しているという人もいる。なんとなくのイメージだと成功した人と後悔した人と半々ぐらいという錯覚を感じてしまう。
実際のところ脂肪吸引って安全なんだろうか?
ここではそんな脂肪吸引の安全性についてお話ししましょう。

脂肪吸引は皮下脂肪を吸い取ってボディスタイルを整える治療です。そのため脂肪が除去されたことによって体に何かしらの影響を及ぼすか否かが大切です。皮下脂肪というのは、通常、除去されても体は特に反応することもありませんし、ダメージを含め障害を伴うようなこともありません。
また、脂肪吸引は脂肪溶解注射など新しい治療とは違います。治療を始めてまもない歴史の浅い治療などにおいてはこれから先、10年、20年後どうなっているのかということは未解明な部分があります。しかし、脂肪吸引は60年以上前から行われてきた美容整形手術です。その安全性についてはすでに評価されているのです。

(脂肪吸引が安全な理由)
  • 脂肪吸引には歴史がある
  • 得られる効果・満足度が非常に高い
  • 重篤なトラブルにはすべて理由がある

このように脂肪吸引は、これまでの長い歴史があり、多くの治療実績のある美容外科手術の中でも極めて安全性が高く、その効果・満足度が高い手術の一つと言えるのです。

しかし、それはこれまでの長い実績があるからこそ言えること。安全と言えるのはすべて、適切な医療機関、経験のある医師によって脂肪吸引が行われているかということが前提です。

さらに詳しい脂肪吸引の安全性

脂肪吸引の値段

気になる脂肪吸引の値段ですが、自由診療ですのでクリニックによって違いますし、その幅は非常に広い。低価格なところから高額な脂肪吸引まで色々ある。もちろん、安かろう悪かろうではないにしてもやはり、低価格には必ず意味があるでしょうし、高額な脂肪吸引の値段だからと言って何か他と違うことがあるのか?と言われると実際には大きな違いはありません。大切なのは適切な値段で脂肪吸引を受けるということ。もちろん安さを気にする方もいるでしょう。しかし、安さの追求で失うものがあることを忘れてはいけません。
結局は適正な価格で受けることが脂肪吸引の成功の鍵となるんです。

(安い値段の脂肪吸引)

安い脂肪吸引のクリニックを見つけたらまずはカウンセリングにいきましょう。そこで実際にカウンセリングを受け、その際に提示される見積もりが大切です。ホームページ等にあるような低価格のままであれば良いのですが、ほとんどの場合、オプション+αなどで結局は低価格になることはありません。

本当に低価格であればそれはそれで問題があります。脂肪吸引はカニューレなど専用の器具が必要です。それらは高額です。ですので基本的に低料金で脂肪吸引を受けることができるということに疑問を持つことです。

(高い値段の脂肪吸引)

ものには適正価格があります。医療サービスも同様です。あまりに高額な脂肪吸引の場合、脂肪吸引を行う医師が外注、つまりはアルバイト医師である可能性があります。また、最近では大学病院の教授クラスの医師がこぞって美容クリニックでアルバイトをしているのですが、それらの医師に支払われる費用が高額となるため高い料金で設定しているケースもあります。

しかし、考えてみてください。そもそも大学病院で脂肪吸引を行うことはまずありません。そのような肩書きのある医者に脂肪吸引の実績・経験があると思いますか?
まずそこにも注目すべきでしょう。

脂肪吸引の値段の相場

ここで紹介する脂肪吸引の値段ですが、20クリニック程度から料金を確認し、その平均として評価している価格です。

顔の脂肪吸引の値段 30万円前後
二の腕の脂肪吸引の値段 30〜40万円程度
お腹の脂肪吸引の値段 1部位 30万円前後
全体 60〜90万円
太ももの脂肪吸引の値段 1部位 20〜40万円
全周法 80〜120万円
ふくらはぎの脂肪吸引の値段 60万円前後

[ 脂肪吸引の値段についてもっと詳しく ]

脂肪吸引の術後の状態・経過

脂肪吸引の術後の状態ってどんな感じなの?包帯グルグル?痛みはもう始まっているの?など知らない術後の状態を教えます。また、術後のダインタイムから仕上がりまでの経過・流れについても詳しく説明しましょう。
術後の経過や状態というのは脂肪吸引を受ける上で非常に大切です。自分自身のスケジュールを含めしっかりと考えましょう。

(術直後の状態)
脂肪吸引の術直後ですが、激しい痛みと強い腫れを… なんてことはありません。実際の脂肪吸引の術直後というのは、痛みはないです。当然ですよね。まだ手術の時の麻酔が聞いていますから。腫れについては場所にもよりますが、軽い腫れ程度です。なぜなら強い腫れを引き起こすのはこれからです。
なので痛みや腫れというのは脂肪吸引の当日の夜から翌日の朝にかけて出現するとお考え下さい。だから当日は帰宅できるんです。

(翌日)
強い腫れを引き起こしています。基本的には腫れについては翌日がピークです。その後、2、3日で腫れは引き始め、抜糸となる1週間後には腫れはかなり落ち着いている状態です。

[ 術後の状態と経過をもっと詳しく ]

脂肪吸引のメリット・デメリット

脂肪吸引のメリット、デメリットをご紹介します。脂肪吸引のメリットはなんと言っても簡単に確実に部分痩せできるということです。無理なダイエットや運動など不要で気になる部分お皮下脂肪だけを速やかに取り除いてくれるということ、それが脂肪吸引だからです。

(メリット)
・運動や食事制限が一切不要
・痩せたい部分だけを痩せさせられる
・リバウンドしない
・理想のスタイルを手に入れられる
・細かなスタイルの調整ができる

また、これ以外にも採取した皮下脂肪を胸や顔などに注入して形を整えることもできる。

(デメリット)
・体重が減る訳ではない
・医者の技術で仕上がりに差が出る
・術後一定の休みが必要(ダウンタイム)
・痛みが数日持続することがある

[ 脂肪吸引のメリット・デメリット ]

脂肪吸引で後悔しないために

どうして脂肪吸引で後悔してしまったのか?
脂肪吸引で後悔した理由は、「効果がなかった」、「凹凸が残ってしまった」、「傷跡が目立つ」と言ったように主に3つの理由が脂肪吸引を受けたにも関わらず、後悔しているというケースです。

(脂肪吸引で後悔した理由)
・効果がなかった
・凹凸が残ってしまった
・傷跡が目立つ

実はこういったケース少なくありません。しかし、このような問題は実は回避できるトラブルだったんです。その理由について詳しくご説明しましょう。

[ 脂肪吸引を受けて後悔した理由 ]

結局のところ大切なのは医師選びです。医師選びさえ間違えなければ脂肪吸引を受けて後悔するリスクは格段に減るんです。ですので脂肪吸引で後悔しないために必要なこと、それはいくつもの美容クリニックでカウンセリングを受けるということ。もちろん、いくつもと言っても技術力、経験の浅い医師の多数では意味がありません。
しっかりと実績のある医師の下でのカウンセリングが何より大切なのです。

脂肪吸引以外の部分痩せ

脂肪吸引以外の部分痩せの方法ですが、2つの方法があります。一つは脂肪溶解注射と言って脂肪を溶かすお薬を注射することで部分痩せを叶える方法。もう一つは、脂肪凍結治療という方法です。この方法は脂肪細胞を凍結することで細胞そのものを破壊し、吸収させることで部分痩せを叶えるという方法です。
この他に、インディバ、エンダモロジーと言ったエステティックとしての治療によって叶える部分痩せもあります。

脂肪吸引の疑問・質問

Q&A

脂肪吸引って言っても実際のところはわからない。そんな方のためにここでは脂肪吸引に関するさまざまな疑問・質問にお答えします。

Q:脂肪吸引で死亡事故がたくさんあると聞いたことがあります。また、そのようなニュースも見たことがあります。やっぱり脂肪吸引を受けることに抵抗感が強いです。死亡事故の確率ってどれくらいあるんでしょうか?
A:死亡事故の確率ですが、これまで国内で報告のあった死亡事故は数例です。年間数万人が受けている脂肪吸引の件数で考えればほとんどないと考えて良いでしょう。しかも、脂肪吸引の死亡事故は麻酔による事故、不慣れな医師による操作ミスによる内臓の損傷と理由は明確です。実は脂肪吸引という治療そのものに問題があった訳ではありません。見方を変えれば、きちんとした治療環境、医師のミスがなければ死亡事故を起こすことは皆無です。もちろん、死亡事故ということだけがクローズアップされるため怖いという印象を持ってしまいますが、適切な医療機関、熟知した経験豊富な医師であれば死亡事故を起こすことは無いと言って良いでしょう。
ただし、脂肪吸引そのものにリスクはあります。それは脂肪塞栓と呼ばれる症状です。大量の脂肪吸引を行なった場合に起こるリスクですが、吸引量や吸引範囲を考慮すれば脂肪塞栓を引き起こすリスクはほとんどないため脂肪吸引は安全な治療であると考えて良いでしょう。
Q:脂肪吸引はやっぱり怖いです。脂肪吸引の代わりとなるような治療として、脂肪溶解注射や凍結脂肪治療というのを聞いたことがありますが、実際に脂肪吸引と同じような効果が期待できるのでしょうか?
A:まず、脂肪溶解注射ですが、脂肪細胞が溶け出して吸収されるというイメージを持たれる方が多いのですが、それは絶対にあり得ません。万一、脂肪層でそのような変化を引き出効果があるようであれば皮膚を含め壊死するでしょう。そんな危険な治療ではありません。細胞に直接働きかけて、細胞に炎症を与えることで少しずつ壊していくイメージで良いのですが、劇的な効果が出るということはないです。凍結脂肪治療も同様です。局所的に細胞を冷凍することで細胞を破壊するのですが、劇的な変化はありません。また、その効果についても保証されている訳ではありません。当社でも3名のスタッフが体験しましたが、全く効果を実感することなく3クールを終了してしまいました。
やはり、確実な効果と痩せの正確性について言うなら「脂肪吸引」に勝る治療は存在しないと言うことです。
Q:注射でできる脂肪吸引に興味があります。効果とリスク、費用について知りたいです。
A:注射できる脂肪吸引ですが、2つの意味があるとお考えください。一つは脂肪溶解注射と言って脂肪を分解して吸収される作用のあるお薬を脂肪層に注射して痩せさせる部分痩せの治療です。厳密に言えば「脂肪吸引」ではありません。メソセラピーと呼ばれる注射による治療、部分痩せです。
もう一つは注射器を使って脂肪吸引を行う方法です。脂肪吸引というのは皮下脂肪の部分に専用のカニューレと呼ばれる管を挿入して皮下脂肪を吸引するのですが、そのカニューレの元に注射器を用いていることから注射でできる脂肪吸引と言ってるクリニックがあるようです。脂肪を吸い取る、陰圧をかけるのに注射器を使うか、脂肪吸引器を使うかという差であって、基本的な手技は同じです。
ですので、脂肪溶解注射か脂肪吸引かという違いで考えた方が良いでしょう。メソセラピーはそれなりの効果が期待できますが、脂肪吸引には遠く及ばない治療です。やはり、時間、お金、安全面のすべてを考慮しても脂肪吸引が優れていると考えて良いでしょう。
Q:脂肪吸引の効果について教えて下さい。二の腕の脂肪吸引を考えていますが、どのくらいの期間で痩せの効果を実感することができますか? また、術後の痛みはどれくらい持続しますか?
A:二の腕の脂肪吸引の効果ですが、通常、1週間もあれば一定の効果を実感できるでしょう。もちろん、1週間で腫れが引いている訳ではありませんが、痩せの効果としては実感できる期間です。完全に腫れが落ち着くまでには2、3週間かかる場合がありますので仕上がり、二の腕痩せは1ヶ月以降を考えるべきでしょう。
術後の痛みですが、基本的には動かさなければ痛みを感じることはないです。二の腕の脂肪吸引の場合、筋肉痛程度の痛みですので過度の心配は不要です。クリニックで処方される内服で十分コントロールすることができるとお考えください。
Q:お腹の脂肪吸引の傷跡が心配です。どこに傷跡が残りますか? それは目立つものなんでしょうか?
A:お腹の脂肪吸引の傷跡ですが、吸引する範囲で切開する場所、つまり傷跡の場所は違ってきます。基本的にはおへその中を数ミリ切開して脂肪吸引を行うのですが、おへその中だけで届く範囲の脂肪吸引であれば、目立つことはありません。
しかし、ウエスト部分など広い範囲の脂肪吸引を行う場合は、吸引カニューレの届く範囲内で目立たせない部分を数ミリ切開します。
通常は下着で隠れる部分を切開しますので決して目立つということではありません。あまり脂肪吸引の傷痕については心配する必要はないと思います。
【脂肪吸引】に関連する記事

関連記事

ページ上部へ戻る