顔の脂肪吸引で人生変わった!

顔の脂肪吸引

顔の脂肪吸引とは

顔の脂肪吸引とは、頬や顎下、フェイスラインにある皮下脂肪を耳の裏側、耳たぶの付け根部分から2㎜ほどの細さの吸引管を使って吸い取ることによって顔痩せ、小顔へと導く輪郭の整形手術の一つです。
皮下脂肪を直接吸い取ることで輪郭の形を整えることができるのでその効果は確実で非常に高い満足度を得ることができます。

顔の脂肪吸引で人生変わった!

顔の脂肪吸引は小顔効果、痩せたイメージを与えることができるのですが、二重まぶたや鼻の整形と違い自然な美しさへと導くことができ、治療後に人生が変わったという方も少なくありません。
顔の脂肪吸引の術後に人生が変わった方のエピソードをご紹介しましょう。

キレイになった!

下膨れの輪郭でずっと悩んでいました。美容整形には気持ちの上で抵抗があったから、エステやヘアメイクでずっとごまかしていました。小顔矯正も1年近く通ったけれど、その時小顔になれたって感激しても朝には“あれっ”て感じで結局続けることやめちゃいました。
そこで最終手段として美容整形にお世話になることに。
クリニックで勧められたのが「顔の脂肪吸引」でした。
でも怖かったし、色々と調べているうちに半年ぐらい過ぎていましたね。その間、ダイエットや運動、エステも受けたけど結局は下膨れには何の効果もなし!
美容整形で再びカウンセリングを受け、顔の脂肪吸引を受けることにしました。
その効果は絶大!整形の印象とは全く違って、顔の印象が全く変わらず、顔が小さくなりました。もちろん、腫れはありましけど先生から取れた脂肪を見ていたのでその結果はすごく期待していました。
私は顔の脂肪吸引を受けて本当に良かったと思います。手術ということで怖さはありましたけど効果には十分満足することができました。ただ、失敗も多いということなので良い先生に巡り合うことも大切なんだと思いますね。
このように顔の脂肪吸引を受けて小顔に変わり、すごく満足できている方は多いんです。大切なのはやはり良い医師に巡り合うということ。良い医師としっかりと自分自身がどうなりたいかを細かく話し合い、その上で治療を検討するということです。

自分に自信が持てた!

ずっと小顔に憧れていました。その理由はモテたいから。メイクはそこそこ自信があるので良いのですが、やっぱり顔の大きさがコンプレックスの一つ。
顔の脂肪吸引を受けてその効果に感動!何となく自信のなかった気持ちが吹っ切れたところもあり、仕事もプライベートもうまくいっています。
美容整形に抵抗があるのは誰も同じですが、整形をきっかけに自分自身に自信を持つことができたのは本当に嬉しかったです。

ヘアスタイルが自由自在に!

エラ張りや下膨れ顔に対しコンプレックスを抱えている女性は少なくない。ヘアスタイルでフェイスラインや輪郭を隠すことはそれほど難しいことじゃないけれどやっぱり隠すんじゃなく、自由ななりたいヘアアレンジでキレイを演出したいのは誰だって憧れるもの。
そのために受ける「顔の脂肪吸引」だって怖さ以上に期待値も大きい。
実際、顔の脂肪吸引でフェイスラインのコンプレックスを解消し、人生が変わったという人も多いんです。
今まではコンプレックスは隠してごまかす時代、これからはコンプレックスは積極的に解消する時代になることは間違いないでしょう。

メイクが楽しくなった!

アイメイクやノーズシャドウによるメイク映えはそれほど難しいことじゃありません。慣れれば誰だって上手にできるものです。しかし、輪郭をメイクでごまかすというのはやはり難しい。だからメイクも億劫になりがち。頬が特徴的な下膨れ顔であればなおさら。
でも顔の脂肪吸引で頬やフェイスラインをスッキリとさせたら話は違ってきます。とにかくメイクが楽しくて仕方ない、もっとキレイな自分を表現できるものなのです。笑顔が増えれば人は美しくなります。顔の脂肪吸引で小顔に変わることは人生も豊かにする、人生が変わるほどのメリットがあるものなんです。

顔の脂肪吸引で幸せになれる!4つのメリット

顔の脂肪吸引はなんと言っても小さな顔、すっきりとしたシャープなフェイスラインに変われるというメリットがある。そんな顔の脂肪吸引のさまざまなメリットについてご紹介しましょう。

メリット① 小顔になれる

顔の脂肪吸引の大きなメリットは、速やかに顔のサイズダウンができる、小顔になれるということ。太っていなくても生まれつき頬に脂肪が多かったり、皮下脂肪の厚みでフェイスラインが垂れ下がっている印象で悩んでいる方は沢山います。
もちろんその原因は皮下脂肪にあるんですが、決して肥満というものではなく、ただただ顔に皮下脂肪が多く付いているだけ、なのでダイエットの必要もなければ運動で痩せる必要もない。そんな方の悩みを一瞬にして解消できるのが“顔の脂肪吸引”なんです。
顔の脂肪吸引は多く付いている頬やフェイスラインの皮下脂肪を吸い取るだけで大幅にサイズダウンし、なりたかった理想の小顔に変わることができるんです。
彫刻で削るのと同じように皮下脂肪を削って(吸い取る)顔の輪郭を作り替える顔の脂肪吸引であなたの思い描く理想のフェイスラインを手に入れましょう。

メリット② リバウンド・再発しない

脂肪吸引とダイエットの違いの一つ、それがリバウンドの有無。
ダイエットというのは、脂肪細胞の数を減らすのではなく、一つひとつの脂肪細胞の体積を小さくするということ、そのため簡単にリバウンドしてしまいます。
それに対し脂肪吸引は、脂肪細胞そのものを吸い取って無くしてしまう治療。一度取り除いた脂肪細胞は再び増えてしまうことはありませんのでダイエットのようにリバウンドしてしまうことはありません。

メリット③ 食事制限や運動不要!楽して痩せられる

運動やダイエットというのは得られる効果は少ないだけじゃありません。運動好きならまだしも多くの方は運動嫌いなもの。ストレスを抱えながらの食事制限や運動に果たしてメリットはあるんでしょうか?
顔の脂肪吸引は術後数日のダウンタイムはあるものの、普段の生活は何一つ変えることなく手軽に簡単に痩せることができるんです。

メリット④ 傷跡の心配がない

顔の脂肪吸引は耳たぶの根本部分、裏側部分に数ミリの吸引口を作るだけ。そのため傷跡が目立つことはありません。顔の脂肪吸引の術後は安心してお過ごしいただくことができます。

顔の脂肪吸引は後悔する?脂肪吸引を受けることによる3つのデメリット

顔の脂肪吸引は理想の小顔、痩せ感のある印象に変わる手法の一つとしては非常に有効な方法であることに違いはありません。しかし、外科手術という性質からいくつかのデメリットとなることもあることを理解しておくことも大切です。

結果に満足できないことがある

思ったよりも顔が小さくならなかった、フェイスラインの左右差が出てしまった、頬が痩せこけて不健康そうに見えるようになってしまったなど、顔の脂肪吸引に満足できないというトラブルは少なくありません。
結果に満足できない、つまりは脂肪吸引の失敗ですが、これにはいくつかの理由があります。
これらのトラブルは、吸引し過ぎてしまったり、本来吸引すべき部分と違う部分を吸引してしまった、吸引できる脂肪吸引が少ないにも関わらず脂肪吸引をおこなってしまったなどが理由です。

不自然な仕上がりになることがある

顔の脂肪吸引で仕上がりが不自然になってしまうというのは、吸引が雑でムラができてしまったり、不自然な凹凸ができてしまうなど医師の技術的なトラブルによるものがあります。

術後のダウンタイムがある

顔の脂肪吸引の術後には必ずダウンタイム(日常生活への制限)は必ずあります。ダウンタイム長いと説明する医師もいますが、顔の脂肪吸引で腫れなどを引き起こさないということはあり得ません。腫れの強さには当然個人差はありますが、腫れを引き起こさない顔の脂肪吸引はありませんので、3、4日程度の腫れは覚悟しておく必要があります。

最後に

顔の脂肪吸引はローリスク、ハイリターンである治療です。もちろん、外科手術という性質上、リスクが全くないとは言えません。しかし、治療によって得られる小顔効果、美しさに対する満足度というのは普通では得られないもの。
顔の脂肪吸引で大切なのは医師選びです。経験が豊富であるということ。丁寧な治療・手術をやってくれること。そして何よりあなたの望む仕上がり、ゴールに対して適切な治療法を具体的に提示することができるということです。
これらの条件が整えば、顔の脂肪吸引なんて怖いものではありません。
まずはいろいろなクリニックで医師の診察を受けましょう。数名の医師によるカウンセリングを受けると実は医師の対応や誠実さなどは一定判断できるものなのです。

関連記事

肌の若返り・再生医療の最新情報

  1. 肌の再生医療
    肌を若返らせたい。年々減少する肌のコラーゲン、肌が痩せ始めハリ感や弾力も衰え始めた。肌が老化するのは…
  2. 線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  3. 再生医療で肌が変わる、キレイになる。 最先端の美容はあなたをもっと輝かせる!! 最近肌に元気がない、…
  4. 自分のボディラインの気になる場所。痩せたい、細くしたい、脂肪吸引なら瞬時に部分痩せできる! 二の腕…

美容整形のメリット&デメリット

  1. 脂肪吸引

    2018-8-5

    脂肪吸引の術後にお勧めのケア

    脂肪吸引の後に是非受けたい! 痩身お勧めのトリートメント 「脱!皮下脂肪」脂肪吸引と並行して受け…

女性特有のお悩み

デリケートゾーンのお悩みは美容整形で解消させることがきます。

ページ上部へ戻る