埋没法が取れてしまう、一重まぶたに戻ってしまうリスクはどれくらい?


二重まぶたの整形に関する疑問にお答えします

埋没法の手術で元に戻るリスク、その可能性について


Q.埋没法はどのくらいで戻ってしまうのですか?費用を安く抑えたいのと、腫れるのが嫌なので切開法ではなく埋没法の手術をしようと思っています。後戻りしてしまうリスクもわかっていますが、平均的にどのくらい二重が持つのが普通ですか?また、何回もやり直しは可能でしょうか。何回も埋没法を繰り返すのであれば、切開法をした方がいいのですか?

A.個人差もありますが、埋没法が適応の人であれば、平均的に3〜5年くらいは持ちます。長い人だと10年近く持つ人もいます。逆にまぶたの厚い人や脂肪が多い人だと、1年くらいで取れてしまったという人もいるのです。また、目をこすったりする行為などで取れやすくなってしまうこともあります。
埋没法は基本的には何回でも再手術可能です。ただ、手術をしてすぐ取れてを何回も繰り返すのは、まぶたにも負担がかかってしまいます。また、費用的な面も考えると、切開法をした方が良いかと思います。

関連記事

テスト

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る