切開法(上眼瞼切開)

上眼瞼切開
上眼瞼切開は二重まぶたの代表的な整形術!!
ぱっりとしたキレイな二重まぶたに変える。上眼瞼切開で変わる!!
上眼瞼切開で取れない永久的な二重まぶたを手に入れる。

上眼瞼切開
希望の二重のライン上を切開して二重まぶたを作る上眼瞼切開。皮膚のたるみも同時に改善でき、二重まぶたになるとともに若返り効果も期待できる。埋没法や小切開法よりもダウンタイムが長引くというデメリットがあるが、二重のライン、幅など希望の形状に整えることができるため、他の二重手術よりもより理想の目元へと近づくことが可能。厚ぼったい二重まぶた、二重に大きな変化を求めている方、皮膚にたるみのある方にオススメの目の整形。

上眼瞼切開の治療法について 上眼瞼切開
上眼瞼切開のリスク 上眼瞼切開のリスク
上眼瞼切開を受けるならこのクリニック 受けるならこのクリニック
上眼瞼切開の方法
上眼瞼切開はまぶたを切開して取れない永久的な二重まぶたをつくる目の整形術です。 希望する二重まぶたのラインの上を切開し、皮膚、脂肪、瞼板前組織を切除します。瞼板を露出させ、瞼板と皮膚とを縫い合わせます。傷を縫合して手術は終了です。手術の時間は個人差もありますが概ね1時間程度です。

上眼瞼切開のメリット・デメリット
上眼瞼切開は基本的には誰でも受けることができます。厚ぼったいまぶたやたるみの強い方には非常に適した手術です。そんな上眼瞼切開にもデメリットがあります。皮膚を過剰に取り過ぎてしまったり、左右差があったり、丁寧な手術を受けることができず傷がギザギザになったということも少なくありません。

上眼瞼切開のデメリット
目立つ傷跡 上眼瞼切開のトラブルで最も多いのが傷跡の問題。体質の問題も否定はできないが多くの場合は技術的なことも多い。
左右差 皮膚の切除量の違いや固定位置の違いによる問題。
眠そうな目になった 腫れが引いているにも関わらず、眠そうなまぶたになっているのであれば、眼瞼下垂を引き起こしている可能性が高い。

選んじゃいけないクリニック  
上眼瞼切開は二重まぶたの切開手術の代表的なもの。多くのクリニックで受けることができる。その反面、医者の技術レベルの差によって仕上がりの状態に大きな違いを生じる。匠の技術も持つ医師の場合、腫れも非常に短く済む。医師選びは慎重に!!

□ 美容外科医として5年未満の医師
□ 大手美容外科などのチェーン店
□ 無理に手術を勧めたり、ラインの説明に適当な対応

関連記事

テスト

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る