肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

線維芽細胞全般

> 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!!

— 線維芽細胞注入とは
線維芽細胞注入というのは、文字通り「線維芽細胞」を「注入」するという治療法です。線維芽細胞というのは肌の中間層である真皮にいる細胞で、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを作り出す肌の土台となる部品を作り出す大切な細胞です。実は肌のコラーゲンやヒアルロン酸というのは「線維芽細胞」が作り出すからこそ維持できるのです。残念なことに体の中から補充するためにどれだけ飲んだとしても、皮膚表面から浸透させるためにどれだけ塗ったとしても一切肌に吸収されることは無いのです。
真皮中のコラーゲンやヒアルロン酸というのは肌細胞から作り出されなければ意味がないのです。
線維芽細胞注入というのはその線維芽細胞を耳の裏側の皮膚から抽出し、細胞培養によって数百万倍にまで増やし、注射で肌に移植する肌を根本的に再生する最先端の若返り治療なのです。

> 実際の治療について

> 治療のリスクと問題点

> クリニックの選び方
肌の再生医療は美容外科、美容皮膚科で受けることができます。ここで紹介した肌の再生医療というのは第二種と呼ばれる分類の再生医療です。この治療を提供するには厚生労働省の許可が必要となるため、限定された美容外科、美容皮膚科でしか受けることができません。
しかし、そんな限定されたクリニックであっても経験と実績があるというわけではありません。再生医療の知識や細胞に関する知識が無くても申請を代行する業者や、培養を請け負う業者もあるため、実際には未熟であっても治療を提供することができるという現実を知っておきましょう。

— 本当に専門クリニック?
驚かれるかもしれませんが、再生医療専門のクリニックだからといって専門家とは限らないんです。残念ながら再生医療を専門としているクリニックの多くは、再生医療を専門としてきた医師が開業したのでは無く、細胞培養加工施設を設立した会社やベンチャーが資本となり開業しているケースがほとんどです。これで専門家とは言えないでしょう。それは医者の経歴をしっかりと理解すれば適切な経験と実績がある医療機関か否かを判断できるのです。

— 医者の経験を知ろう!
大切なのは施設ではありません。結局は医者の技術と経験が全てに影響するのです。その医師がどういった経験を積んできたのかと言うことが確実に結果に影響するのです。医師免許を取得し、直ちに美容外科に勤務していたりする医師がどうやって臨床的な経験を積むことができるでしょう。再生医療の研究を積むことができるんでしょう。残念ながら日本の場合、医師免許があれば経験の有無とは関係なくどんな診療科でも治療できますし、未経験であっても開業することもできるのです。
例えば美容外科に進むのであれば最低限、基本的な形成外科の実績は必要です。驚かされるのは研修医としての経験を形成外科の実績と表現している医師も少なくありません。それを経験というモラルの低いクリニックではまともな治療すらできるとは思えません。

→ 安心して肌の再生医療を受けることができるクリニック

関連記事

テスト

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る