アゴ削り

アゴ削り
アゴの形ひとつで見た目の印象は大きく変わる!!
歪んだアゴ、長いアゴ、短いアゴ。アゴの悩みは人それぞれ違う。

アゴが長いと顔の印象はアゴが注目されてしまいますし、アゴが後退していると知的なイメージを損なった印象を与えてしまいます。長いアゴを短くするのは骨を削るしかありませんし、後退しているアゴについてもヒアルロン酸注射などで一時的には良くなったように思えるでしょうが、実際にはトラブルも多く、根本的な解決のためにはやはりアゴ削りを含めたアゴ形成が必要となります。ここではアゴ削りについて実際の手術方法、アゴ削りのリスクを踏まえさまざまな情報をご紹介します。

アゴ削り アゴ削りの方法 アゴ削りの名医

アゴ削りといっても治療目的に応じて手術内容は違ってきます。ここの骨の状態、どういった仕上がりになりたいのかということで実際の手術方法というのは違ってきます。アゴ削りを詳しく知ってあなたにとって必要な治療を受けましょう。

「アゴ削り・アゴ形成」であなたの美しさをさらに引き出してみませんか!!

アゴ削り

アゴというのは本来、下顎全体を呼びますが、美容の世界では下顎骨の先端部分を俗称としてアゴと呼んでいます。アゴ削りというのはその下顎骨の先端部分を削って骨格を変化させ、輪郭のフォルムを自分の望む美しさに整える美容整形手術の一つです。

アゴ削り

アゴ削り ATTENTION!! 骨を削っても大丈夫なの?

下顎を美容目的のために削ったとしてもなんら影響はありません。アゴ削りを受けると骨がもろくなるなど都市伝説的な噂があるようですが、下顎を削ることによって形は変化しますが、その他になんら影響を与えることはありません。

アゴ削りでできること

アゴ削りには単純にアゴ部分の骨を削る「アゴ削り」と、頤神経(おとがい神経)の直下から切り離し、適切な長さまで短縮する「アゴ削り:中抜き」、さらに中抜きと同時に切り離した骨部分をさらに加工して、前方に出したり、後ろに後退させる「アゴ形成」があります。

輪郭形成┃アゴ削りでできること 輪郭の悩みはアゴ削りで一気に解消できるのです!!
長いアゴを短くする・短い(後退した)アゴを出す・アゴの形状を変える Vライン 左右差を整える 形状を変える

アゴ削りはこんな人に向いています

アゴ削りに向いているというのは整形することに対して抵抗の無い方、一生涯効果を持続させたい方に向いています。アゴ削りは骨を削ってしまいますし、中抜きの場合においても一度切り離さなくてはいけませんので、元に戻すということはできません。アゴ削りを検討している方は慎重には慎重を重ね十分に検討しましょう。

  • 一生涯の効果を望んでいる方
  • 元には戻せないということを十分に理解している方
  • 美容整形に対ししっかりとした覚悟のある方

アゴ削りの費用について

アゴ削りの費用ですが、保険外診療(自由診療)ですからクリニックによって非常にばらつきが大きい。50、60万円のところから150万円を超えるところまである。一般的なアゴ削りの相場、平均価格は70万円前後とお考えください。

アゴ削りの費用の相場  70〜80万円程度

骨切りを高額に設定している美容外科の場合、委託された派遣の医師が影武者として治療している可能性が高いので十分注意しましょう。もちろん、それが悪いわけではありませんが、やはり常勤医で手術を受けたほうが安全ですし、費用も抑えられるものです。

顎削りに関する質問集

顎の整形に関するさまざまな疑問・質問にお答えします。どんな治療でもそうですが、治療を受けてしまってからでは遅いんです。治療を受ける前に知っておいてほしいことが沢山あります。是非、参考にして下さい。

顎が丸いです。顎先を出来るだけ細く削りしたいのですがでの程度まで可能ですか?
一般的に表面側から削る顎削りの場合、5、6ミリを削ることができます。ただし、顎神経の位置によってはさらに削ることができます。また、中抜き法の場合もより高い効果を出すことができます。
顎削りとエラ削りの境が知りたいです。顎からバランスよくする為に両方削る事ってありますか?
顎削りとエラ削りは同時に治療することができます。大切なのはどう言った仕上がりにするのかと言うこと。バランスよく両方を治療することでより高い満足度を得ることができます。
顎が前に出ていますが削るだけで対応出来るものでしょうか?
どういった仕上がりを希望するのかと言うことで違ってきますが、前に出ている状態を解消させるのであれば顎先を削ると言うことも選択肢の一つです。
【アゴ削りに関する関連情報】

顎削りで叶える理想のフェイスラインwebマガジン「パナプリ」
顎削りの真実 「失敗しないアゴ削り・顎の整形のすべて」
「CHANGE」 美容外科の情報サイト アゴ削りを徹底解説

関連記事

ページ上部へ戻る