乳房縮小

大きな胸は小さい胸以上にコンプレックスに陥りやすい!!
「乳房縮小」で大きな胸を小さくして長年の胸の悩みを解消する。

乳房縮小
大きな胸は多くの女性の憧れ。しかし、逆に大きな胸 で悩む女性もいる。理想の胸というのは体型にあった ボディラインの美しい体であって単に大きい胸ではあ りません。大きな胸は異常なくらいの肩凝りや日常生 活での制限も出ていることもあります。ここでは大き な胸に悩む女性のために胸の整形手術「乳房縮小」を ご紹介します。

乳房縮小 乳房縮小
乳房縮小のリスク 乳房縮小のリスク
乳房縮小を受けるならこのクリニック 乳房縮小の名医
乳房縮小の手術方法 
乳房縮小の手術方法にはさまざまなデザイン手法があります。ここでは一般的に多い、乳輪周囲を切開する逆T字型、楕円状切開、乳房の下側の縁から切開する乳房下縁切開についてご案内します。

(逆T字型)
乳輪周囲の皮膚を図のように切開します。単に皮膚を切開するのはなく乳輪周囲に皮弁(血管を温存)を形成しながら切開します。次に余分な脂肪組織、乳腺を切除していきます。切除する量は事前のカウンセリングで医師と綿密に打ち合わせをする必要があります。十分な止血をして乳房の形状、乳輪・乳頭の位置を調整し傷を縫い合わせます。乳房の大きい方は乳輪も大きいことが多いので乳輪も同時に縮小することができます。傷跡はTを逆にした形になります。

(楕円状切開)
乳房吊り上げ術の時と同じように乳輪周囲の皮膚を切除し、その部分から乳腺、脂肪を切除して乳房を小さくします。この手術は傷跡が乳輪周囲だけなので他の乳房縮小手術と比べると目立ちにくいのですが、乳腺や脂肪の切除量が限らるため極端に大きい乳房には向きません。

(乳房下縁切開)
乳房の下縁にそって皮膚を切開します。下側から乳腺と脂肪組織を切除します。乳輪・乳首の位置に穴を開けるように皮膚を切開し、乳輪・乳頭の位置を固定します。この手術は横の広がりの大きい乳房には向きません。

乳房縮小の手術後の注意点
術後の安静は非常に重要です。血流の維持のためにも手術当日は安静にしましょう。
乳房縮小の手術の翌日は医師の診察が望ましいです。血行障害に関してあまり注視していない医師の場合、検診は無くて良いという方もいますが、翌日の検診は極めて重要である。また、必要によっては入院を推奨することもあります。
通常、抜糸は1週間後におこないます。
タバコや飲酒は絶対にダメ!! 最悪の結果にならないためには絶対に守ろう!

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る