マイクロカットのリスクと注意点

エラ削り エラ削りのリスクと注意点 エラ削りの名医

エラ削りにもリスクがある!!
骨を削ると言う大掛かりな手術という性質上、エラ削りにはさまざまなリスクを生じる可能性は理解しておく必要があります。ここではエラ削りにおけるリスクや注意点についてご紹介します。

エラ削りのリスク

エラ削りで起こるリスクは時間の経過で改善するものから後遺症へと繋がる重篤な問題までさまざまあることを忘れないで下さい。

時間の経過で改善する
  • 腫れ・内出血
  • 術後の痛み
  • 術後の腫れなどは誰でも引き起こしますが、その程度や期間には個人差があります。お仕事をしている方などは術後のダウンタイムを十分に考え、長期休暇等を取る必要があります。

    修正等が必要
  • 左右差
  • 希望する仕上がりの相違
  • 修正が必要になるケースは医者の技術の問題があります。思い描いた仕上がりに整っていない場合はきちんと主治医と話をし、十分納得のいく結果になるよう細かな話し合いが必要です。

    一生涯に影響を与える
  • 削りすぎによる陥没
  • 顎関節症の併発・悪化
  • エラ削りに不慣れな医師の場合、無理やり口を広げようとしたりするため、術後の後遺症として残る場合があります。医師が不慣れということは仕上がりもその程度でしかありません。

    これらの問題は個人差も若干はありますが、基本的には医者の技術が一番大きな影響、差を与えると考えて良いものです。リスクを最小限に抑えたエラ削りにはやはりエラ削りの得意な医者、「エラ削りの名医」による治療が望ましいでしょう。

    エラ削りのダウンタイム

    エラ削りの

    エラ削りの注意点

    エラ削りを受ける上での注意点、エラ削りの実際のダウンタイム、一般的な治療費用の相場等をご紹介します。

    関連記事

    テスト

    肌の若返り・スキンケアの最新情報

    1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

      線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
    2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

      最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
    ページ上部へ戻る