マイクロカット

腫れぼったいまぶたはマイクロカットで治す!!
埋没法+脱脂術の驚くべき効果。あなたの目元が大きく変わる。

マイクロカット
マイクロカット法というのは正式には上眼瞼脱脂術+埋没法を組み合わせた二重まぶたの整形術を言います。埋没法で糸を通す穴から眼窩脂肪を取り出してまぶたをスッキリとさせる二重まぶたの美容整形。埋没法だけの手術とは違い脂肪を除去するためスッキリとした目元に変化します。通常の切開とは違い大きな腫れも少なくダウンタイムが非常に短いのが特徴です。

マイクロカットの治療法について マイクロカット
マイクロカットのリスク マイクロカットのリスク
マイクロカットを受けるならこのクリニック 受けるならこのクリニック
マイクロカットの方法
一重まぶたの人と二重まぶたの人の違いはなにか?それは挙筋腱膜の状態である。
A-1のように二重まぶたの人は挙筋腱膜と皮膚との間に癒着があり、まぶたが持ち上げられると同時に皮膚も引き上げられる。
それとは対照的に一重まぶたの人は挙筋腱膜の皮膚に癒着が無いために瞼板だけが持ち上げられ、皮膚は垂れ下がってしまうのである。
整形で二重まぶたにするというのは、皮膚と瞼板との癒着を人工的に作る方法であり、それと糸で止めるのが埋没法。切開して癒着によって止めるのが切開法ということである。

一重まぶたの構造
二重まぶたの構造
埋没法の原理
A1:マイクロカット(埋没法)の原理

マイクロカットが向いているタイプ・向かないタイプ 
まぶたの断面というのはA-2のように構成されている。厚ぼったいまぶたのタイプには眼窩脂肪が多いものや隔膜前脂肪、眼輪筋の多いタイプがあり、これらのタイプは埋没法で二重まぶたにしたとしても糸に負担がかかり、取れやすかったりしますマイクロカットはこういった症状を改善させるために眼窩脂肪を除去しまぶたへの負担を少なくし、スッキリとした二重まぶたに整えることができます。
マイクロカットに向いているのは眼窩脂肪が多いタイプのまぶたです。専門医であればマイクロカットが向いているか向いていないかの適切な判断が可能です。

埋没法が向いているタイプ・向かないタイプ
A-2:まぶたの断面図(標準、まぶたの厚いタイプ)

マイクロカットのメリット・デメリット
マイクロカットのメリットは上まぶたの脂肪を取ることで埋没法にはないスッキリとした二重まぶたにすることができます。後は埋没法と同じなので切開に比べ腫れが少ない。糸による癒着なのでライン消失の可能性があるという点です。
治療適応の判断によって仕上がりに違いが生じます。まぶたの腫れというのは眼窩脂肪だけではなく、瞼板前組織(瞼板前脂肪)や眼輪筋の厚さも大きく関与しています。日本人の場合、眼窩脂肪ではなく別の要因によって腫れぼったさが強調されていることも多いので治療適応の判断が非常に重要となります。

選んじゃいけないクリニック
マイクロカットはほとんど全ての美容外科クリニックで行われている二重まぶたの代表的な手術。しかし、そんなどこでも気軽に受けることが出来るからこそ、技術に大きな差があるのもの事実である。

 □脂肪除去の費用が不明慮である
 □6点以上で固定するクリニック
 □挙筋に糸をかける埋没法
 □通常の埋没法と腫れない埋没法と区別しているクリニック
 □取れないと謳っているクリニック

6点以上で固定するのは無意味なだけではなく、眼瞼下垂などに陥りやすいと指摘されています。
料金が不明慮というのは一番困ります。悪質なクリニックによっては糸1本~という料金表示のところもあり、埋没法で100万円請求されたということもあるんです。一般的な埋没法の相場は10万円前後であり、安くても品質に問題がありますし、高くてもただのボッタクリということも十分あるのです。
埋没法には瞼板法と挙筋法とがあり、一般的に推奨されているのは瞼板法です。挙筋法は挙筋に糸をかけるため神経障害の可能性を高めるリスクがあり、一般的にも推奨されていません

関連記事

テスト

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る