埋没法のリスクと注意点

埋没法とは 埋没法のリスクと注意点 埋没法の名医

埋没法に迷いがある、失敗なんてしたくない!
だからリスクを知って、埋没法を安心して受けたい!!

手軽に受けることができる埋没法ですが、簡単な方法だからと言ってリスクや問題点が無いということではありません。美容整形の場合、簡単な治療こそリスクの高かさが比例することが多いのです。ここでは埋没法のリスクや注意点についてご紹介します。埋没法を受ける前にしっかりと熟知し、安心して埋没法に臨んで下さい。

埋没法のリスクと問題点

埋没法のリスク

ラインの消失

埋没法の二重は永久的なものではなく、二重のラインが消失してしまう可能性があります。日常的な行為でも、目をこすったり、また、つけまつげやエクステなどでも、ラインが消失しやすくなるので気をつけなければなりません。
 また、埋没法は誰にでも適している方法ではありません。まぶたの皮膚に厚みがある人、まぶたの皮膚のたるみがひどい人は、埋没法をしてもすぐに二重のラインが消失してしまいます。アイプチをしてもすぐに一重に戻ってしまう人は埋没法は向いていません。

異物反応

まぶたに埋めた糸がぽこっとでることがあります。これは、体内で糸は異物だと認識され、外に追い出そうとして起こる症状です。まぶたの皮膚はとても薄いため、ぽこっと出ている部分が目立ってしまう可能性があります。このような状態になってしまうと、再び糸を掛け直すか、糸を抜去するしか方法はありません。

埋没法で起こりうるトラブル・失敗

糸が出てきた

[症状]糸の結び目が埋没されずに皮膚の表面に出ている状態
埋没法で使用する糸は多くの場合、青色もしくは黒色の糸を使います。手術直後は埋め込まれていても時間の経過で外に出てくるケースがあります。個人差はありますが糸に対する異物反応ということもあり、再度埋没法で掛け直すことで改善します。

明らかな左右差がある

[症状]見た目に二重まぶたの左右の幅が違う
一旦抜糸し再度掛け直すことが必要です。埋没法は幅を狭くすることはできませんが、幅を広くすることは容易です。希望の幅に応じて対応する必要があります。幅の狭いほうに合わせたいのであれば、すべて抜糸し再度掛け直す。幅の広いほうに合わせたいのであれば片側だけ広い方に合わせて掛け直します。

糸の部分に膨らみが残ってる

[症状]埋没している糸の結び目の部分が盛り上がっている。しこりのようになっている
埋没法の結び目の部分というのは瘢痕を形成しやすく糸の周囲に組織を巻き込んでしまうことがあります。その場合、糸を一旦抜糸再度埋没法を行うことで改善します。

結膜から糸が出てきた

[症状]目がチクチクしたり、異物感が持続
角膜を傷つけている状態に陥りやすく早急な抜糸が必要です。通常の埋没法では起こる可能性は非常に少ないのですが、結膜側から糸を結ぶ埋没法(眼瞼下垂埋没法など)で起こしやすい。

糸の部分が膿んでいる

[症状]赤く膨れていたり、ニキビのような炎症がある。痛みを伴う
手術の際に細菌が混入した状態です。抗生物質などの投与する医師も多いのですが、難治性で抜糸して掛け直したほうが早く治癒することが多い。

眼瞼下垂になった

[症状]腫れによってまぶたが開きにくくなっている状態
軽い眼瞼下垂の人や幅の広い埋没法をおこなった場合に起こしやすい。挙筋法起こすこともあり状態によっては抜糸することが必要。リトライしても良いが多くのケースで埋没法が不向きなことも多い。

幅が広すぎたのか眠そうなまぶたになった

[症状]幅広の二重まぶたを希望した場合に起こる
状態としては眼瞼下垂を引き起こしている可能性が高い。挙筋法による埋没法でも起こりやすい。すみやかに抜糸をして元の状態に戻す必要がある。時間をかけて様子を見てという医師もいるが、多くの場合は抜糸しないと改善しない。

埋没法は簡単に二重にすることができますが、やはり簡単な治療ゆえのリスクを伴うのです。術後に起こりうるリスクと問題点をしっかり理解した上で埋没法を受けましょう。

埋没法には向き不向きがある

厚ぼったいまぶたのタイプ(下図-左側)には眼窩脂肪が多いものや隔膜前脂肪、眼輪筋の多いタイプがあり、これらのタイプは埋没法で二重まぶたにしたとしても糸に負担がかかり、取れやすかったりする。眼窩脂肪を取り除くマイクロカット法もあるが、隔膜前脂肪や眼輪筋そのものに厚みのあるケースではほとんど意味はない。日本人の、アジア系のまぶたというのは、眼窩脂肪ではなく、眼輪筋や皮膚そのものに厚みがあることが多いことを知っておきましょう。

注意してほしいのは埋没法はどんなタイプにも手術自体はできるということ。しかし、維持できるか、自然かということは全くの別問題。無理に糸を掛けてしまえば埋没法事態は可能である。
悪質なクリニックはオリジナルの方法による埋没法は取れないと無意味な自信をのぞかせているが、それは「嘘」どんな方法、術式であれ絶対に取れない埋没法というのはあり得ないし存在しません。基本的に取れにくく自然な状態にしやすいまぶたはというのはまぶたの厚みが少ないタイプであり、体質の問題が大きいということを知っておきましょう。

永久保証の嘘!!

埋没法の永久保証については考えるべきである。あくまで広告だけの謳い文句。現実に埋没法はなんども実施すべきではないし、仮になんども取れるからといって繰り返せば、瞼板や周辺組織がボロボロになり、自然な状態なんて維持はできない。結局は切開法に頼らざる得ない。それを安易に永久保証と言う美容外科こそ本当に危険でリスクの高い美容外科の正体でなのである。

私たちが勧める埋没法の名医

埋没法の名医。それは腫れの少なさ、仕上がりの自然さにある。残念ながら晴れの程度は個人差を主張するが医者の技術でほぼ決まる。私たちの知りうる埋没法の場合、せいぜいむくみ程度の腫れしか引き起こさない。しかし、現実には数週間腫れが続いたり、痛みが残ってしまったりと個人差とは言い難いケースが多いので十分注意しましょう。なぜここまで差が出るかと言うこのは、埋没法は美容外科医が最初に行う手術の代表的なものだから。
だからこそ、美容外科選びは何より慎重にして欲しいんです。
私たちが勧める埋没法の名医

関連記事

テスト

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る