埋没法を受ける人の休み、連休の取り方について


二重まぶたの整形に関する疑問にお答えします

埋没法を受ける場合のお休みは一体どれくらい取得しているの?


Q.埋没法の手術をする人は、だいたいどのくらい学校やお仕事のお休みを取っていますか?周囲の人に手術をしたことがバレたくないので、腫れがある程度引いて不自然じゃなくなってから仕事に行こうかと思っています。また、赤みや内出血があるまま人には会いたくないので、完全に消えるか、ある程度メイクで隠せる状態になるまでは休もうかと考えてます。何日くらいの休みが必要ですか?

A.埋没法の手術を受ける人はだいたい手術日を入れて3〜4日程休みを取る人が多いです。手術翌日から仕事や学校へ行く人も結構います。埋没法は3日あれば腫れもほぼ落ち着くので、ほとんど人にバレることはないと思います。また手術から3日程経てばアイメイクもできるので、傷の赤みが多少あっても隠すことができます。ただ、腫れや赤みには個人差があり、どのくらい腫れたりするのかは手術をしないとわかりません。また内出血がでてしまうと完全に消えるまで日数がかかってしまうので、本当に心配でバレたくないという人は長めに1週間くらいお休みがあれば安心です。

関連記事

テスト

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る