下まぶたのたるみがひどい、その原因って?

加齢とともに深刻化する「下まぶたのたるみ」。このたるみは性別に関係なく誰もが悩む加齢症状のひとつです。しかも弛みはそのままにしておいても改善することはなく、ますます老け顔になってしまいます。目元というのはあなた自身の印象を相手に伝える一番大切なパーツです。下まぶたのたるみが気になりはじめたらすぐに原因を考え、適切なスキンケア、プロの手によるエイジングケアを受けましょう。

目の下の弛みは、皮膚そのものが影響しているだけではなく、加齢による眼輪筋の衰え、メイクによる皮膚へのダメージ、紫外線などによる光老化がさらに悪化させる要因です。大切なのは原因を知って、適切な対策をおこなうことでさらなるたるみの進行を予防できますし、プロの治療であれば劇的な改善もできます。

下まぶたのたるみは隠そうとすると返って悪目立ちします。諦めてしっかりとしたケアで目元の若さを取り戻しましょう。

下まぶたのたるみを解消する

下まぶたのたるみには2つの原因があります。一つは、皮膚のそのものが伸びて弛んでしまうこと、もう一つは、眼窩脂肪という眼球を覆っている脂肪が、前側に突出して”プクッ”とした膨らみを作ってしまうことです。また、年齢を重ねる事でどんどんたるみが悪化し目立つようになるため、疲れているように見えたり、幸薄そうな印象を与えてしまったりなど良いことは何もありません。大切なのはたるみの原因を見極め、原因に応じた対策をすることです。

下まぶたのたるみの原因は加齢だけではない!

たるみの原因は、加齢によるものだけではありません。生活習慣や紫外線、ストレスなどもたるみの原因に繋がります。また、最近ではスマホで目を酷使していることによって、目の下の皮膚を触ってしまうことも多く、皮膚に外的要因が加わることで炎症を引き起こしてしまい皮膚にダメージを与えてしまうことも少なくありません。そのため生活習慣を見直すだけでも下まぶたのたるみを予防できる可能性も高いのです。

生活習慣による下まぶたのたるみのリスク

眼輪筋の衰え

目の周りには、眼輪筋という筋肉があります。目を閉じたり表情を作るために動く筋肉です。眼輪筋の下には眼窩脂肪があるのですが、眼輪筋が衰えて薄くなってしまうと、これまで眼輪筋で支えられていた眼窩脂肪が支えられなくなり、眼窩脂肪が突出してしまいます。その膨らみが弛みとして現れてしまいます。

睡眠不足

睡眠不足もたるみの原因になります。日々のストレスなどや生活リズムの乱れなどから睡眠不足を引き起こすと、新陳代謝が悪くなり、眼輪筋の色なども悪くなるだけでなく、色素沈着を引き起こします。これらも下まぶたのたるみを引き起こす要因になってしまいます。

下まぶたのたるみを解消するには

下まぶたのたるみを予防する

下まぶたのたるみに関する質問集

Q&A
2年ほど前から目の下のたるみで悩んでいます。整形には抵抗感があるのですが、実際の効果を考えると整形以外の選択肢が考えられません。美容整形以外に何か良い方法というのはありますか? それともやはり美容整形という選択肢が一番正しいのでしょうか?
目の下のたるみの解消ですが、正解というのはありません。美容整形も一つの選択肢ですし、それ以外の方法も良いと思います。実際のところは、整形まで進む人は多くありません。やはり切ったりすることに抵抗があるからでしょう。
当然ですよね。傷跡やお仕事の都合、家族等の反対意見もあるでしょう。しかし、弛んでしまった皮膚というのは解消させることは医療以外に方法がないのも事実です。
治療を推奨するわけではありませんが、治療を受けられた方の多くは結果に満足していますし、受けて良かったという意見が圧倒的に多いです。やはりそれだけの若返り効果を得られるということは魅力的なことだと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る