エラ削りで小顔に変わる! エラ削りでキレイになる!!

エラ削り エラ削りのリスクと注意点 エラ削りの名医

小顔になりたい」、「四角い輪郭が嫌」、「エラの広がりをなんとかしたい」、このようなフェイスラインの悩み、輪郭に対するコンプレックスは「エラ削り」で解消することができます。エラなど輪郭の悩みの原因は骨にあります。
 フェイスラインに関わっている骨は「下顎角骨」通称、エラと呼ばれる部分ですが、その骨を直接削って形を整えることでエラの広がりを解消し、フェイスラインを整え、顔全体のダウンサイジングをすることができるのです。

エラ削りはあなたの輪郭を劇的に変化させ、
憧れの「小顔」に変える美容整形です。

そんな「エラ削り」についてご紹介しましょう。

 

エラ削り一生モノの小顔に変わる


エラ削りはさまざまな形の輪郭の悩みを解消する美容外科手術です。主に以下のような輪郭の悩みを抱えている方に向いている治療です。

エラ削りとは

エラ削りとは、下顎角骨(エラ)を削り取って張り出た輪郭をシャープに変える輪郭の整形手術です。輪郭を表現する土台となる骨を削り取るため確実な効果を出し、美しさと憧れの小顔、さらに自然なフェイスラインへと導いてくれる美容外科手術です。

「エラ削り」は骨を削り取ってしまいますので、再びエラが張ってきたりするなど再発することなく、憧れていたフェイスライン、輪郭で一生過ごすことができます。当然ですが、骨は再発しませんので元に戻したいと思っても元には戻せません。ですので覚悟を決めて手術に臨まなければいけません。
もちろん、治療を委ねる医師との信頼関係は何より重要であることは忘れないで下さい。

 

エラ削りの実際

手術の内容・流れ

  1. 麻酔
    全身麻酔です。点滴からお薬を使って眠った状態で手術を行います。全身麻酔は一切痛みを感じることはありません。
  2. アプローチ(切開・剥離)
    エラ削りはお口の中からアプローチします。奥歯の外側根本部分の口腔粘膜を3、4センチ切開し、骨(下顎角骨)を露出させます。
  3. 骨削り
    状態にもよりますが、多くの場合、下顎のボディ部分が膨れており、下顎角骨(エラ)がしっかりと見えないのでボディ部分の骨を削ります。そうしてエラをしっかりと露出させます。


    下顎角骨を削り取り、全体のラインを整え輪郭を整えます。

  4. 縫合
    傷を縫合してエラ削りは終了です。

 

エラ削りの術後の状態・経過

エラ削りが終了し麻酔が覚めるときは顔に包帯もしくはフェイスバンテージと呼ばれる固定のマスクでエラ部分を圧迫しています。痛みについては1、2時間以降から鈍痛を感じる場合があります。しかし、内服でコントロールできるでしょう。当日は疲労感が強いのでタクシーでの帰宅をお勧めします。
翌日は強い腫れを生じています。また、痛みもありますが、内服で調整できるものです。腫れについては個人差がありますが、医者の技術も大きく影響します。エラ削りに手慣れた医師、名医(エラ削りの名医)であれば腫れの強さも抑えられるでしょうし、腫れの期間も短いでしょう。
通常、大きな腫れは3、4日持続します。エラ削りの術後7日程度で6、7割の腫れは落ち着いています。マスクを用いれば外出も可能です。

 

エラ削りの費用について

小顔には憧れる。実際「エラ削り」の費用はどれくらいかかるのでしょうか?
エラ削りは自由診療ですから美容クリニックによって費用は違う。安いのも不安だし、高いのも困る。一般的な相場、適正価格って一体どれくらいなのでしょうか?

エラ削りの相場費用80万円前後

 

エラ削りの麻酔

エラ削りは骨を削る外科手術ですので、局所麻酔では対応できません。そのため全身麻酔による手術が基本です。全身麻酔というのはお薬で筋肉など体の機能を一時的に弛緩させ、完全に眠った状態で手術をおこなうために一切の痛みを感じることはありません。一部の心無い医師やネット情報には全身麻酔は危険という表現がなされていますが、もちろんリスクは絶対にないとは言えません。しかしそれを言い訳にすると実は局所麻酔の方がリスクが高いという解釈にも繋がります。医療設備の整った経験豊富な医師、麻酔医による管理下であれば全身麻酔は心配のない極めて安全な麻酔方法なのです。

 

エラ削りの全体像

手術時間 2時間程度
麻酔方法 全身麻酔
ダウンタイム 痛み 2、3日
腫れ1、2週間程度
入浴 シャワー 翌日
入浴 腫れが落ち着いてから
入院 入院不要
治療費用 80〜100万円

 

エラ削り以外で小顔にできる方法

エラ削りについては知っている。でも手術までは… 抵抗感もあるし、やっぱり怖い。そんな思いが拭えない方、どうぞご安心下さい。そんな方でも安心して受けて頂ける小顔矯正治療があります。それが「エラボトックス」です。
エラボトックスは注射だけでフェイスラインを今よりもスッキリさせ、小顔にすることができるため、誰でも安心して受けることができる「小顔穂矯正」です。エラ削りに抵抗がある方はエラボトックスを受けてみるのも悪くありません。エラボトックスに関する詳しい情報は以下をご参考下さい。

エラボトックス

 

 

関連記事

テスト

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る