本当にバレない? それは嘘? どっちなの

本当にバレない? 実は嘘。
変化があれば誰だって気付くもの。

「整形をしてバレませんか?」という質問を受けることが多い。
でも考えてほしい。一重の人がある日突然二重まぶたになったら、丸みのある鼻がツンとシャープな鼻に変わったら。多くの女性はわずかな変化に気がつくもの。美容整形を受けて変化があれば変わったと感じる人は多いでしょう。大切なのは変化を最小限に抑えるということです。
その変化というのは手術の変化を最小限にということではなく、あなた自身の変化を最小限に抑えるという意味。例えばアイメイクを変えたり、鼻に立体感を持たせるメイクにするなど周囲に少しずつ変化のアピールをしておくことでしょう。
美容外科ではメガネなどをすればごまかせるなどと言ってはいますが、メガネでごまかすことは難しいです。自分では上手く誤魔化せたように感じているだけで周囲にはバレバレです。

整形でバレないようにする3つの大切なこと。一つは医者の技術、もうひとつは過剰な矯正、無理な変化を加えないということ。そうして3つめは用意周到に準備をしておくこと、それがメイクによる周囲への印象の変化です。

(整形したことをバレさせない3つのポイント)
  1. 入念な準備
  2. 過矯正を求めない
  3. 医者の技術

整形を受けたとバレない大切なこと、それは入念な準備。用意周到な計画が大切なのです。一重を思い切って二重まぶたにする場合は、アイプチで二重にしたり、エクステやマスカラなどでしっかりと目元のメイクをすることで印象を変えてしまいましょう。鼻や輪郭なども同様メイクや髪型を工夫したりすることで整形前に変化を加えておくことです。

「過矯正を求めない」これも大事。よく●●さんのような目にして欲しいと女優さんの名前を挙げられるのですが、テレビや雑誌の姿というのはバッチリメイクをした状態での姿。その状態を整形のゴールに設定するのは無理があるだけではなく、不自然な状態になってしまいます。整形で大切なのは求める美しさ、なりたい姿の7、8。後はメイクで仕上げることが銃であることを忘れてはいけません。

これも大切なことです。それは整形を行う医者の技術です。整形の手術方法というのは教科書を読めば理解できるし、少し経験を積めば誰でもできるもの。しかし、その仕上がりは全く違うのです。

関連記事

ページ上部へ戻る