美容外科選びTOP > 腋臭・多汗症 > 多汗症

ワキガ・多汗症の治療の全て


脇汗は心因的要素も大きい!?多汗症はたった5分の注射で本当に治る!!

気になる脇汗。普段の臭いなどのデオドラントケアはしっかりとしていても脇汗だけはなかなか止められない。そのため、汗臭さが気になっていろいろな支障も出ている。そんな人にお勧めするのが多汗症の治療「ボトックス」です。 脇汗は心因的要素も大きい!?多汗症はたった5分の注射で本当に治る!!
多汗症・脇汗について 脇汗の推奨クリニック
多汗症というのは脇汗、手、背中、顔など特定の部分から異常に分泌される汗の疾患のひとつです。しかし、多くの場合の多汗症というのは病気ということではなく、あくまで体質的な多汗症です。また、多汗症でなくても脇汗を止めたいと思えば、多汗症の治療をすることで脇汗を止めることはできる美容的要素が高いのが特徴です。

脇汗の推奨クリニック 多汗症(脇汗)の治療は脇に直接注射するだけ、たった数分で終了する非常に簡単な治療です。副作用もほとんど無く、仕事帰りに簡単に気軽に受けることができるため非常に人気が高く多くの美容クリニックで行われています。

多汗症の原因
多汗症の原因というのは未だ解明されていない。精神的要素や極度の緊張などで全身や上半身に異常なまでの汗をかくというケースも多い。美容外科で治療する多汗症というのは厳密に言えば本来の多汗症とは大きく異なる。美容的な多汗症の治療というのは、脇汗が困るなどの気軽な理由による比較的容易なもの。手指、手の平の多汗症などは車の運転や、仕事にも影響を及ぼす重度なものである。
脇汗が多いというのは単に発汗の問題であり、多くのケースでは精神的な要素や緊張によるもの。これらはエクリン汗腺への刺激のブロックによって確実に多汗症、脇汗を解消できるものである。
美容的な多汗症に原因はない。単に体質的なものが多い。


多汗症にはボトックス

たった数分の注射をワキにするだけで本当に効果があるのがボトックスの大きな特徴。実は手術で脇汗を止めることはできない。わきがの手術として代表的な汗腺を直接除去する「反転剪刀法」などにおいても汗を止めることは無理なのである。もちろん、わきがの治療には外科的な手術以外に方法はないし、反転法のように外科的な手術はわきがには効果が高い。しかし、汗を止めることはできないのである。 脇汗など多汗症の治療にはボトックスが現実的ということを知っておこう。


脇汗の治療「ボトックス」の実際

脇汗の治療「ボトックス」の実際 まずは美容外科医とのカウンセリングです。脇汗については特に特別な検査などは不要です。限局して脇汗を止めるのではなく、脇汗全体を止めるわけですから治療する範囲というのも特に設定はないです。A型ボツリヌス毒素についての効果や副作用、効果の持続期間について説明を聞き、料金について提示があります。その内容に疑問や問題がなければ多汗症の治療を申し込みましょう。 治療内容や費用の面などで折り合いが付かなければなにも当日に多汗症の治療を受ける必要はありません。 脇汗のボトックスを受ける前に確認しておくこと

脇汗のボトックスを受ける前に確認しておくこと
1.費用は?
2.アラガン社のボトックスなの?
3.アフターケア、保障は?
4.麻酔クリームを使用できるのか? その際の費用は?
最低限でもこれら3つの内容は確認しましょう。
いよいよボトックス注射です。麻酔クリームを使用する場合は30分から1時間程度脇にクリームを塗って麻酔が浸透するのを待ちます。十分麻酔が浸透したらいよいよ脇汗の治療です。
最初の消毒が少しくすぐったいのですが、痛みはほとんどありません。やはり麻酔クリームは良く効きます。数十か所にボトックスを細かく注射して脇汗の治療は終了です。

しかし、ここですぐに効果が出る訳ではありません。実際に脇汗が止まるまでには2,3日程度の日数を要します。4日以降に及ぶことはありません。


脇汗で美容クリニックに騙されるな!

外科手術で脇汗は止まらない!
脇汗が止まる!という美容クリニックの広告は多い。しかし、脇汗を止める方法で有効なものはボトックスによる治療だけです。超音波などは汗腺を破壊しやすいとは言いますが、ボトックスに勝るものはありませんし、現実的には外科的手術で多汗症には効果はほとんどありません。 それでも、医師によっては外科手術を勧めてくることもあります。しかし、それは大きな間違い! 脇汗であれば外科的な手術なんて一切必要はありません。美容外科医からすればまずは手術を受けさせて、次にボトックスを受けてくれれば収益が増えることしか考えていません。それが現実的な美容外科なんです。

ボトックスは嘘!
美容外科医のもう一つの嘘は「ボトックス」です。美容外科のほとんどすべてはボトックスと言うでしょう。しかし、ボトックスとはアラガン社製のA型ボツリヌス毒素製剤の事を言います。厚生労働省は認可しているのも実はこのボトックスだけです。韓国製のニューロノックスや中国製のBTXAなどさまざまな種類がありますが、韓国製や中国製のボツリヌス毒素というのは非常に安価に入手できます。安全性を一切考えず、今一瞬だけの利益だけを求める医師が非常に多いんです。実際に美容外科学会の報告では国内の美容外科の7割はアラガン社以外の製品を使っているとされています。7割ですよ!7割。純正のボトックスを使っている美容外科は3割も満たないんです。これが美容外科の現状なんです。美容外科医には騙されてはいけません。彼、彼女らは他国でも安全と言い張りますが、なんの根拠も提示できません。
また、最近ではジェネリックという呼び方で使用を水書うしている美容外科もありますが、ジェネリックについては安全性についても確認されているものです。ボトックスについてはジェネリックは存在しません。十分注意しましょう。


>次は脇汗を止めるボトックスの推奨美容クリニック
線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.