切開法(部分切開:小切開法)

部分切開法
小切開(部分切開)は二重まぶたの代表的な整形術!!
部分切開は少しの切開で取れない二重まぶたを形成できる!!
切開による二重まぶたは医師の匠の技術が必要。自然さ傷跡を気にするならなおさらのこと。

部分切開
二重まぶたを作る整形手術には「切開法」と「埋没法」がある。さらに切開による二重まぶたの手術には少しだけ切開する「小切開・部分切開」。二重まぶたのライン上を全体的に切開する「上眼瞼切開」とがある。もちろん、切開の範囲が広くなれば腫れや内出血などのダウンタイムが長くなる。そういった問題を少しでも緩和するのが小切開、いわゆる部分切開である。埋没法と上眼瞼切開の中間に位置する部分切開の実力はいかに。

部分切開の治療法について 部分切開法
部分切開のリスク 部分切開のリスク
部分切開を受けるならこのクリニック 受けるならこのクリニック
部分切開法の方法
切開による二重まぶたの形成術には下記のイラストのように切開範囲に大きな違いを生じる。二重まぶたのライン上を1㎝未満の切開で癒着させるのが部分切開。右側がライン上全体に切開する上眼瞼切開である。いずれも切開して組織の癒着によって作られる二重まぶたなのでライン消失のリスクは限りなく少なくなる。 切開する部分に局所麻酔をします。皮膚を切開して皮下にある眼輪筋の一部、瞼板前組織、眼窩隔膜脂肪を必要に応じて取り除きます。十分な止血を内出血を予防します。皮下組織と瞼板に固定し問題なければ傷を縫い合わせて終了します。

B-1:部分切開、上眼瞼切開の違い

B-2:部分切開の種類
部分切開が向いているタイプ・向かないタイプ 
皮膚というのは単純に切開するだけではありません。皮膚と瞼板とを癒着させるためには、中の組織を除去し、糸で固定しなくてはなりません。一部の組織を取り除くため眼輪筋や瞼板前組織の厚い人は切開周囲に窪みを生じます。比較的皮膚の薄い人は自然になりますが、皮膚の分厚いタイプの方は部分切開は向きません。その場合は上眼瞼切開が適しているということになります。上眼瞼切開の場合、ライン全体の組織を切除しますので基本的にはどなたでも自然に仕上げることができます。

部分切開のメリット・デメリット
部分切開のメリットは埋没法よりも取れにくい自然な仕上がりの二重まぶたを形成することができること。全切開に比べ腫れや内出血が少ないというのも大きなポイントです。デメリットとしてはすべての人に対応できる治療ではなく、比較的まぶたの厚みの少ない人に適しているという点です

関連記事

テスト

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る