美容外科選びTOP > 目の下のくま・たるみ > 目の下のくま

下まぶたのくまを取って10才若返る


見た目偏差値を下げてしまう目の下のくま!!目の下のくま『目の下のくま』って本当に治らないの!?目の下のくまのタイプ、種類を知ることから始めよう!!

目の下のくまはメイクで隠すことができる場合が多い。しかし、あくまでメイクはメイク。スッピン力の低下は免れない。いろいろな化粧品やエステも通ったけれど思った以上の効果もないしもうあきらめるしかないのかなぁ。でもそんなことはない!! 最先端の医療技術で目の下のくまは解消できるんです。まずはあなたの目の下のくまのタイプ、くまの原因を知って解決方法を知ることから始めましょう。

あなたの気にしている「目の下のくま」はどのタイプ?目の下のくまは症状・タイプで治療法は大きく違ってくる。

色くま、影くま。目の下のくまにもいくつかのタイプがある。

気になる目の下のくまには大きく分類すると色くまと影くまとに分けることができます。色くまとは赤色、青色、茶色のくまの3タイプがあり、影くま目の下のふくらみによって生じる立体的な「目の下のくま」なのです。そのためメイクで隠すことも難しいのが厄介なポイントです。

影ぐま+色グマなどの複合ぐま 影ぐま

このタイプの影ぐまは非常に厄介なタイプ。眼窩脂肪の突出による目の下のふくらみだけではなく、頬の垂れ下がりによってふくらみの真下に少しですが凹みのある目の下のくま。
治療の方法としては「下眼瞼脱脂」による脂肪の除去でふくらみを解消させることだけでは完全な目の下のくまは解消できないため、凹みの部分にヒアルロン酸や脂肪を注入してボリュームを継ぎ足す必要のある厄介な目の下のくま。

目元に影ができると疲労顔や病弱なイメージを強くしてしまいます。目元にできる影の原因は3つ。ひとつは眼窩脂肪の膨らみによってできる影ぐま。もうひとつは膨らみとは逆にくぼみができてしまう影ぐま。もしくはその両方を兼ねそろえたくまである。影ぐまはメイクで消すことは不可能。美意識の高いあなたなら積極的に治療すべき。

目の下のくまの原因を構造から理解する!!目の下のくまをしっかりと理解するにはまずは下瞼の構造を理解することから始めましょう。構造を理解することができればあなたにあった治療法も理解しやすくなることでしょう。 色ぐま 茶色ぐま

茶色ぐま皮膚、表皮の問題によって起こるくま。肝斑やしみなどのメラニンの問題でくまとして見えてしまうもの。コンシーラーで簡単に消すことはできるが肌偏差値を大きく下げてしまいますし、なによりスッピンになったときに美しくはありませんから治療すべき。

青色ぐま

皮膚そのものが薄かったり、色素の透過度が高い皮膚に起こりやすいタイプのくまです。基本的には常に目の下のくまとして出現していますが、体調の変化によっても強弱が著しい厄介なくま。眼輪筋の色が透けて見えるために血行状態で色の強さが変わってきます。

目の下のくまの治療法のご紹介あなたにあった「目の下のくま」の治療法は必ず見つかります。

目の下のくまは状態で治療法は全く違う。失敗しない治療を選ぶコツ!!

目の下の脂肪・膨らみ 目の下のくま 目の下のくぼみ・しわ
下眼瞼脱脂 再生医療 ヒアルロン酸

目の下のくまの治療といってもさまざまな治療法があり、それぞれのタイプで大きく違ってきます。ここでは美容外科でおこなわれている「目の下のくま」の専門的な治療法についてご紹介します。

目の下の膨らみの原因は「眼窩脂肪」。下眼瞼脱脂は脂肪を確実に取り除いて目元を確実に若返らせてくれます。

目の下のくまの原因の中で非常に厄介なくまは「青ぐま」。皮膚が薄いことで起こるこのくまを唯一治療できるのが再生医療である。


目の下のくぼみやしわはヒアルロン酸注射で解消しよう。しかし、目の下のヒアルロン酸はトラブルも多く、治療は慎重にすべき。目の下のくまの原因と解消法について、目の下のくまを解消させる方法にはいろいろな方法があることを理解して頂けたと思います。しかし、その治療にはいろいろな考え方、捉え方があり、ひとつの治療法が正しいとは限らないのです。
線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.