美容外科選びTOP > 目の下のくま・たるみ > 目の下へのヒアルロン酸注射

下まぶたのくまを取って10才若返る


今すぐ涙袋を手に入れて優しさ偏差値をアップ!!涙袋、涙堂は整形ならたった5分で作れる。

目の下にできる膨らみ「涙袋」。涙袋があると表情が優しくみえるだけじゃなく、雰囲気美人にもなれる。芸能人やモデルの多くはその涙袋ができている。涙袋は顔に優しい印象を作ることができるので多くの女性が手に入れたいポイントのひとつである。

ほほ笑み表情で女子力アップ!!涙袋を作って笑顔のきれいな私になる。 涙袋の大きな勘違い、間違い!!

目の下にできる膨らみを涙袋と言いますが、この涙袋には大きな誤り、勘違いが多い。涙袋というのは眼輪筋によって作られるものであって、眼窩脂肪などの膨らみが原因ではない。都市伝説として涙袋を作るためにオロナインを目の下に塗って作るなんていう方法がネットにあるが、なんの根拠もないし、そんなことで涙袋ができることなんて絶対にあり得ない。そんなデマを真に受けて誤ったスキンケアをすると皮膚は大変なことになるということを知っておくべき。 涙袋は解剖学的に言えば筋肉(眼輪筋)によってできているのである。

涙袋は「眼輪筋」でできている!!

涙袋で勘違いしてはいけないのは、本当の涙袋というのは、表情によって描かれるものであるということ。笑ったり、わずかな笑顔で眼輪筋は動きます。その眼輪筋の動きによって涙袋が出現するのです。勘違いしている人は無表情の時から涙袋があると思っているのですが、無表情の時というのはそもそも涙袋は存在しないのです。

涙袋の作り方 ヒアルロン酸注射で「涙袋」を手に入れる。

涙袋で勘違いしてはいけないのは、本当の涙袋というのは、表情によって描かれるものであるということ。笑ったり、わずかな笑顔で眼輪筋は動きます。その眼輪筋の動きによって涙袋が出現するのです。勘違いしている人は無表情の時から涙袋があると思っているのですが、無表情の時というのはそもそも涙袋は存在しないのです。

ヒアルロン酸注射

涙袋の大きな勘違い、間違い!! ヒアルロン酸注射というのはムコ多糖類と呼ばれるサプリメントや医薬品などでも知られているもので、美容医療においては皮膚に注射してほうれい線やマリオネットライン、目の下の注射してさまざまな悩みを解消させるプチ整形の代表的な治療のひとつです。

涙袋を作りたい部分に直接ヒアルロン酸を注射するだけですので、治療時間はわずか数分で終わってしまいます。しかもヒアルロン酸は吸収されるまでに1年から2年近くかかりますので効果の持続は1年近くあるのです。涙袋はわずかな膨らみであれば愛らしさがあってかわいさを強調できますが、少しでも入れすぎてしまうと明らかに不自然になってしまいますので、十分注意しなくてはいけません。

ヒアルロン酸注射で注意すべきこと

芸能人の多くはかわいらしさを強調するために涙袋を形成する方が多いと言われていますが、涙袋は過度の入れ過ぎは明らかな不自然さを生んでしまい、全く美しくはありません。涙袋というのは表情が出たときにこそ効果を発揮するものであり、無表情の自然体の時はほとんどありません。注射で膨らませるということは無表情を基準にして注射しますから、少なめに入れることが一番自然で美しいことが多いのです。しかし、残念ながら経験の未熟な医師や、注入量を稼いで少しでもお金に換えたいという医師はその自然体な時を基準にしてしまうので、非常に不自然なのです。

また、ヒアルロン酸製剤にはさまざまな種類が流通しており、レスチレーンやジュビダームなどのメーカー品から、安価な韓国性のヒアルロン酸まで数種類のものが使われています。効果は変わらないから安いほうでいいや!というのは大きなトラブルにもつながります。大切な顔のことだからこそ、しっかりとした安全なヒアルロン酸製剤を選びましょう。残念ながら多くの美容外科では安価なヒアルロン酸が平然と使われているのです。医師の言うがままでは取り返しのつかないトラブルへの発展することも少なくありません。ヒアルロン酸だからこそ、信頼・安心の出来る美容外科で治療を受けましょう。

Q:涙袋へのヒアルロン酸注射って痛くないの?

注射ですのでそれなりの痛みは伴います。しかし、美容外科によっては麻酔テープなどを貼るなどして痛みに対する苦痛の緩和を実施してくれるところも多いです。痛みに対し過敏な方は大変ですが、一般的に歯医者さんなどの痛みを我慢できるのであれば特に涙袋を作るからといって我慢できない程のことではありません。また、設備のしっかりと整った美容外科であれば吸入麻酔などの併用をできるところもございます。

Q:ヒアルロン酸の吸収は1年から2年なのにどうして、涙袋の効果は短いの?

みなさんの勘違いで多いのが、ヒアルロン酸の吸収=効果の持続ということです。ヒアルロン酸というのは注射した時点から直ちに分解吸収が始まります。体の中の酵素が少しづつ働いて注入されたヒアルロン酸を崩すように分解していくのですが、ごくわずかな量ですので日々の変化というのは誰もがわかりません。一般的には半分程度のヒアルロン酸が吸収されると効果がほとんど無くなってきたと感じる方が多いのですが、それでもまだ半分程度は残っているのです。注入したヒアルロン酸が完全に吸収されるのは2年近くかかるのですが、効果としては1年程度を目安にすることが望ましいかと思います。

Q:ヒアルロン酸を注射して将来的に影響はないの?

ほとんどの美容外科医は将来的に問題はないと言うでしょう。しかし、問題はあります。それは涙袋を作ることで目の下の皮膚は伸ばされます。これは誰もが同じことです。そうでなければ涙袋はできませんから。その状態が1年以上維持する訳ですから、皮膚のたるみは否めません。それを将来的に影響はないという医師は未熟すぎる以前に詐欺的な発言と捉えるべきでしょう。短期間であれば影響はないでしょうが、長期となると話は違ってきます。涙袋を作ることを止めてしまったら、皮膚のたるみが出てしまうことは容易に想定できることなのです。

Q:涙袋へのヒアルロン酸注射で失敗やトラブルはないの?

基本的には安全です。しかしそれはあくまで安全な製品を使っている、安全な層へ注入しているということが前提でのお話です。実際には過剰なヒアルロン酸の注入によるトラブルや、長期に及ぶ内出血などのトラブルも少なくありません。また、アレルギー反応による皮膚のかぶれや赤みなどのトラブルもあることを知っておくべきでしょう。

涙袋へのヒアルロン酸注射で失敗したら 対処法があるからといって安易に考えないこと!!

過剰なヒアルロン酸注射は決して美しい自然な涙袋とは言えない。もし、涙袋で失敗したらヒアルロン酸分解注射で修繕させることはできる。

対処法 吸収されるまで待つ対処法 ヒアルロン酸分解注射で溶かす

だからといって安易な涙袋形成は要注意。信頼できる美容外科を選ぼう。価格重視の美容外科選びはトラブルのもと。 どういったタイプのヒアルロン酸を使っているのか? 医師の経歴・経験をしっかりと確認し自分にあった適切な美容外科を探しましょう。

涙袋を作るならここなら安心できる!!涙袋は仕上がりの自然さ、安全性は医者の技術だけではなく、使用する製品でも違いを生じる。ここではヒアルロン酸注射の技術が高く、使用しているヒアルロン酸製剤にも配慮しているおすすめの美容外科をご紹介します。 涙袋とホルモンタンクは違う!!下眼瞼脱脂で「涙袋」を手に入れる。

目の下の膨らみをホルモンタンクと呼ぶ人もいる。このホルモンタンクを涙袋と勘違いしている人もいるが全く違う別物である。一説には女性ホルモンが溜まっているいうかわいらしい噂もあるが、そんなものが溜まるなんていることはあり得ない。このホルモンタンクの原因は眼窩脂肪と呼ばれる脂肪が出ているだけでのこと。ホルモンタンクを除去するには眼窩脂肪を取り除けばスッキリとした目元に変わることができる。また、ホルモンタンクは加齢によって徐々に出てくるのでできる限り早い治療が望まれる。眼窩脂肪を取り除く整形を「下眼瞼脱脂」と言い非常に人気の高い若返りの整形のひとつである。

下眼瞼脱脂

もともと涙袋が無かったという人ではなく、元々は涙袋はあったけれど、気がついたら小さくなっていたという方はヒアルロン酸注射ではなく、「下眼瞼脱脂」と呼ばれる治療が望ましいことも多い。目の下の眼窩脂肪と呼ばれる脂肪が前に出てくることで、涙袋の膨らみが強調されなくなるケースがまさにこの治療の適応である。 下眼瞼脱脂というのは経結膜脱脂術とも呼ばれ、膨らみの原因である眼窩脂肪をまぶたの裏側から除去することで、涙袋を復活させることができるのである。上の写真は取り除いた眼窩脂肪を並べた状態です。これだけの脂肪が無くなる訳ですから涙袋は自然と元に戻ります。

下眼瞼脱脂術をもっと詳しく知ろう!!
線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.