美容外科選びTOP > 目の下のくま・たるみ > 目の下のふくらみ

下まぶたのくまを取って10才若返る


目の下のふくらみ 私の目元ってこんな顔だった?疲労顔に見えるあなたは女子力も低くなっちゃう!!40歳過ぎて益々ひどくなるたるみに解決法はあるの?

仕事帰り地下鉄の窓に映る自分の顔を見てハッとしたことはありませんか?
私ってこんなに疲れた表情していたの?
それは目の下の膨らみのせいなのです。プクッとした目の下のふくらみは老け顔や疲労顔、疲労表情をより強くしてしまいます。多くの方は目の下の皮膚のたるみを考えるのですが、実は皮膚のたるみ以上に影響しているのが、「眼窩脂肪」と呼ばれる脂肪組織なのです。
目の下のふくらみは比較的簡単に治療できるのですが、さまざまな問題があり正しい治療法を選択しなければ大きなリスクを背負うことにつながります。

気になる「目の下のふくらみ」の原因って意外に知られていない「目の下の膨らみ」の原因について 気になる目の下の膨らみの原因は『眼下脂肪』。

目の下の膨らみは加齢によってより強くなるが、実は若年齢でも引き起こる厄介なもの。その原因は『眼窩脂肪』と呼ばれる脂肪にある。通常、眼窩脂肪というのは眼球を保護する目的などから、眼球を覆うようにして存在している。眼球は本来靭帯で支えられているんですが、加齢による靭帯のゆるみと目の下の皮膚が薄くなることで少しずつ前方に突出してくる。これが目の下の膨らみの原因なのである。

目の下のふくらみの原因・ロックウェル靭帯の弛み・眼球の重みの加重 ・皮膚の非薄化「眼球の重みによって眼窩脂肪が圧迫され前方に押し出される。」

目の下の膨らみが大きくなればなるほど膨らみの下に影ができ、疲労顔や老化した顔つきに変わってくるのでメイクで隠すこともできない厄介なものである。
また、昔は涙袋がしっかりとあったのに年齢のせいか少しずつ涙袋も小さくなってきたと感じているあなた。それも脂肪が原因です。眼窩脂肪が出てくることで涙袋の膨らみをも消してしまう厄介なやつなんです。

このふくらみの原因は「眼窩脂肪」の突出にある!!
目の下の治し方!!目の下のふくらみは「下眼瞼脱脂」で治療できる。
下眼瞼脱脂の特徴 皮膚表面を一切傷つけること無く、まぶたの裏側から安全に眼窩脂肪を取り除くことのできる治療です。・ダウンタイムが非常に短い・皮膚表面に一切傷が無い・確実な効果が認められる
目の下のふくらみは下眼瞼脱脂が得意とする手法!!

目の下の膨らみの原因がはっきりした。だったら治療は簡単。眼窩脂肪を取ってしまえばその膨らみはなくなる。単純明快な治療それが『下眼瞼脱脂』という手法。この方法はまぶたの裏側から結膜と呼ばれる部分を数ミリ切開して眼窩脂肪をダイレクトに引っ張り出して取ってしまうのである。他の美容整形手術のように皮膚の表面に一切傷は残らないし、腫れも少ないのが大きな特徴。しかし、ここに少し問題がある。治療適応の判断と医者の技術が仕上がりに大きな差が生じてしまうのである。
簡単で傷も残らず、ダウンタイム(日常生活への制限)も非常に短いという何とも夢のような治療。目の下のふくらみで悩んでいる方は絶対に受けるべき治療の一つである。

下眼瞼脱脂 下眼瞼脱脂は皮膚表面に一切傷を残すこと無く確実に目の下のふくらみの原因である「眼窩脂肪」を取り除いて、若々しい目元に変わることのできる美容整形です。
03-気を付けて!すべてが正しい医師とは限らない!!美容外科医の情報ほどいい加減なものはない!! 目の下の複合治療は慎重に考えて!

目の下の皮膚というのはとても薄くて繊細。だからこそ注意してほしい。
除去した脂肪は極わずか。その脂肪を細分化して注射する方法。しかし、残念ながらほとんどの脂肪は吸収されてします。それ以上に高リスクが待っている。それはしこりである。目の下に脂肪のしこりができると本当に悲惨な結果を辿る。ファットトランスファーなど気軽な治療イメージを与えて治療を推奨しているクリニックもあるが、大きな間違いである。

目の下の治療のベストクリニック・ベストドクター
線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.