美容外科選びTOP > 目の下のくま・たるみ

下まぶたのくまを取って10才若返る


目の下のトラブルは女子力を著しく下げてしまう!!目の下のトラブルは美容医療で治せます。
安易な目の下の治療は「危険」と言う認識を持ってますか?
目の下の治療で失敗しない3つのポイント
ポイント1 あなたの症状はどれですか? 症状に応じた治療法のご紹介 ポイント2 目の治療法の種類。どれだけ知ってる? いろいろある治療法。実際の効果は? ポイント3 最新の治療が良いとは限らない!無意味に新しいものが良い訳じゃない (POINT1)下まぶたの症状はさまざま。あなたにベストは治療法は?~大切なのは適切な治療法の選択にある!~ 適切な治療法とは。

目の下の悩みにはくま、しわ、たるみなどさまざまな症状があります。あなたの目の下のお悩みのタネは何ですか?くま、しわ、たるみ?それとも他にあるの?大切なのは原因を知って適切な治療法を選ばなくてはいけません。以下に症状の原因について詳しく解説します。

(治療法1)目の下のくま (治療法2)目の下のくぼみ (治療法3)目の下のしわ (治療法4)目の下のたるみ (治療法4)目の下のたるみ (POINT2)美容外科にはいろいろな治療法がある。大切なのは治療適応の判断!!
~下まぶたの治療法。あなたはどれだけ知っている? 下まぶたの治療にはいくつかの「治療法」がある。それぞれの特徴、治療適応、リスクを知って今よりもっと若くなろう!!~下まぶたの治療法。あなたはどれだけ知っている?

目の下の悩みにはくま、しわ、たるみなどさまざまな症状があります。あなたの目の下のお悩みのタネは何ですか?
くま、しわ、たるみ?それとも他にあるの?大切なのは原因を知って適切な治療法を選ばなくてはいけません。以下に症状の原因について詳しく解説します。

治療法1 目の下のくまの確実治療下眼瞼脱脂で膨らみを取って若返る!片側たった10分の治療で一気に膨らみが解消する!! 治療法2 目の下のたるみが確実に取れる治療目の下の根本的治療は「下眼瞼切開」である!たるみの切除で10歳わたしは若返る!! 治療法3 究極の肌の再生医療話題の線維芽細胞移植でくまを取る!話題性抜群!しかしも効果はそれ以上に期待できる!! 治療法4 目の下のくぼみを解消する安全な脂肪注入・脂肪移植で目力アップ!お腹やお尻の脂肪を取って下まぶたに移植する! 治療法5 プチ整形でここまで若返ることを証明します私はヒアルロン酸注射で5歳若返る!しわを隠してなにが悪いの?若々しい素肌で一歩先いく私! 治療法6 気になるしわの救世主たった5分で気軽に目の周りのしわを取る!ボトックスでしわは消せる! 治療法7 笑顔の偏差値はあなたの魅力をさらに引き立てる笑顔力をさらにアップ。涙袋は私の理想!たった5分で涙袋がわたしのものになる (POINT3)最新の治療良いとは限らない!!~インチキクリニックに騙されるな!~ すべてが安全な治療ばかりではない。もちろん、下記の治療にも有効なものはある。大切なのは安易に考えないこと。それと適切な医者を選ぶこと!!

以下に上げた治療法のすべてが悪い訳じゃない。中には目の下のくまやたるみが解消された例もある。しかし、それ以上に甚大なトラブルも少なくない。今の美容外科のホームページにはそういった注意喚起が一切無く、有効な治療結果だけしか表現されていない。
しかも、トラブルになったら患者に非がある、個人差だ!など一切の責任を放棄している美容外科医が多すぎる。だからこそ目の下のくまやたるみの治療は慎重に考えてほしい。

大切なのは医師選びに尽きるのです。 脱脂と組み合わせた脂肪移動、脂肪移植

脂肪トランスファーということで、脱脂で取り除いた脂肪を移動させたり、注入したりする治療もある。しかし、これは意外にも問題が多い。当初は下眼瞼脱脂で除去した脂肪を、少し加工して注入するというなんとも微妙な治療を推奨していた美容外科が今ではその方法を止め、普通に太ももやお腹から脂肪を採取しておこなうなど手技を大幅に変更している。こうして常に医療というのは進歩しているというのが美容外科医の言い分だが、実験台にされた患者のことを考えると本当に恐ろしいことである。
脂肪注入のすべてを否定する訳ではないが、脱脂当日に脂肪を移植するというのは、よほどの事情が無い限り絶対に避けるべきであり、美容外科医から推奨するということはモラルを疑う。やはり同日の治療を勧めてくる医者には十分注意すること。

脂肪注入

下まぶたへの脂肪注入というのは非常に難しい。しこりになった場合は最悪の結果となる。医者はしこりにならないと言い切る輩もいるが、脂肪注入で絶対にしこりにならないという保証は絶対にあり得ない。しこりになりにくいよう努力はしているクリニックは多い。しかし、絶対にならないと言い切ることが誤りであり、医者としてもモラルを疑う。コンデスリッチファットなどはしこりにならないとうたっているが、現にしこりで相談に来る人もいる。医者はその現状を知りつつ言いきっているのであろうか。

フィラーの注入

目の下のくまの解消法として多く利用されてきたフィラー。代表的なものがヒアルロン酸注射だが、ヒアルロン酸注射もいろいろと進化している。通常のヒアルロン酸製剤は半年程度で一定量が吸収されるため、目の下のくまの解消としては効果期間が非常に短いとして、架橋矯正を施し吸収を遅らせるヒアルロン酸も開発されている。もちろん目の下のくまに悩む人にとってみれば少しでも延長できたほうが治療費用も助かるため好ましいことに思われるが、万一、仕上がりに満足できなかった場合のリスクを考えると一概に吸収期間の延長が望ましいとは言い難い部分もある。また、目の下のくまのすべてはヒアルロン酸で解消できると言い張る医師もいるがこれは大きな間違い。ヒアルロン酸はあくまで凹みを補填するだけ。もちろん結果として目の下のくまの影を消すことはできるだろう。しかし、眼窩脂肪が突出し手いるタイプの目のクマとなると話は違う。大切なのは症状や状態に応じて適切な治療法を選択できること。ひとつの治療ですべてが補えるということはあり得ないので要注意である。

金の糸

金の糸はもともと効果については疑問視されている。いまだにこういった治療が存在していること、それをあたかも効果があるように治療を提供しているクリニック、医師に疑問を感じる。金はもともと体に対し安全なもの。アレルギーなどの反応を起こすことも非常に少ない。それを体に埋め込んでどこまで効果があるんだろう?金が優れているということでなく、他のフェザーリフトやプロリンなどの吸収糸のほうがコラーゲンなどの分泌が多いのではないだろうかという声も多い。

PRP/成長因子の注入

皮膚の再生医療として多くの美容クリニックで実施されているPRP。医師はエビデンスを強調するが果たして本当に効果はあるのだろうか? もちろん、一般の人からすれば医者が勧める治療。さぞ効果が高いのでは!と思うだろう。しかし、驚いてはいけない。実はどこまで満足できるかというのは疑問なのである。PRPとは血小板を用いた治療。血小板にはb-FGF、EGFなどの成長因子に働くため確かに理論上、エビデンスと呼ばれる意味については理解できる。しかし、現実的にはわずか20ml程度の血液(全血)から採取できる血小板を濃縮したところで肌へ影響が出る程効果がでるのか?そこが疑問なのである。現実的には効果がないため薬剤としての成長因子を混ぜ合わせて治療することがベーシック。医師はより効果を上げるためと詭弁を言うが、現実には効果がないから薬剤を混ぜないとクレームが来るからということが現実であろう。そんなインチキ要素を含んだ治療にあなたはお金をかけますか?

線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.