埋没法を徹底解説

埋没法

埋没法は二重をつくる手術の中で最も簡単な方法です。まぶたの裏側にある瞼板とまぶたの皮膚を細い糸で数箇所固定し、二重のラインをつくります。瞼を切らずに二重をつくることができるので、手術がこわいという方や傷跡が心配だという方でも安心して受けることができるプチ整形です。
埋没法の最大のメリットは、手術後の腫れや痛みがほとんどないこと。3日もあれば腫れも引き、アイメイクもいつも通りできるので、普段通り人に会っても大丈夫。お仕事や学校をなかなか休めない方でも、気軽に受けることができます。
埋没法には適応がありますが、とにかく簡単に二重にしたい、長期の休みが取りにくい、ダウンタイムを最短にしたいという方にはおすすめの二重整形術です。

埋没法を受けるとこう変わる!!

埋没法をすれば、目がぱっちりと大きくなるのはもちろん、顔の印象も明るくなります。また、二重の幅や形も自分で選ぶことができるので、なりたい二重、憧れの二重を簡単な方法で実現することができます。

毎日のアイプチやメザイクが面倒だという方も、埋没法を受けるだけで毎朝のお化粧が簡単に、また時間短縮にもなります。今までできなかったアイメイクにも挑戦することができ、毎日のお化粧が楽しくなったという声もたくさん!

一重で悩んでる人、手術に抵抗がある人…

埋没法は簡単な方法で半永久的な二重を手にできるプチ整形です。ぱっちりとした二重になることで、お化粧やファッションなど、女性としての楽しみも増えることでしょう。

・目が大きく見える
・顔の印象が明るくなる
・アイプチを卒業できる
・アイメイクを楽しめるようになる

一重まぶたと二重まぶたの構造上の違い

一重まぶたの人と二重まぶたの人の違いはなにか?それは挙筋腱膜の状態である。二重まぶたの人は挙筋腱膜と皮膚との間に癒着があり、まぶたが持ち上げられると同時に皮膚も引き上げられる。 それとは対照的に一重まぶたの人は挙筋腱膜の皮膚に癒着が無いために瞼板だけが持ち上げられ、皮膚は垂れ下がってしまうのである。 整形で二重まぶたにするというのは、皮膚と瞼板との癒着を人工的に作る方法であり、それと糸で止めるのが埋没法。切開して癒着によって止めるのが切開法ということである。
目を開けると眼瞼挙筋が収縮し瞼板が持ち上げられますが、挙筋腱膜と皮膚に癒着がないため皮膚が垂れ下がってしまいます。これが一般的に一重まぶたと呼ばれる状態です。
瞼板と皮膚とが挙筋腱膜を介して癒着しているため、目を開けると同時に皮膚も持ち上げられて二重まぶたを作ってくれるのです。

埋没法で二重まぶたを作る

関連記事

テスト

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る