脂肪吸引

『太い』というコンプレックスは今すぐ解消したい。「脂肪吸引」で細くなろう!
体全体では太っていないのに、脚だけが太い下半身デブ。二の腕・背中の肉が厚くポッチャリなイメージになってしまうなど決して太ってはいないけれど、皮下脂肪によってボディスタイルが崩れてしまうなどの悩みをお持ちではありませんか。

太っていなければ、肥満でなければダイエットは不要ですし、太ももが太いや二の腕が太いなどの理由からダイエットをおこなったとしても気になる部分というのは残念ながら痩せませんし、細くもなりません。脂肪吸引はダイエットではありませんが、気になる部分だけを確実に細くすることができる「ボディケア」なのです。
脂肪吸引とは

脂肪吸引とは…外科的に皮下脂肪を吸い取って気になる部分だけを細くする。
脂肪吸引とはダイエットではありません。わかりやすく説明するために「部分的痩身」という表現をしているので、脂肪吸引=ダイエット的なイメージを抱く方が多いのですが、脂肪吸引というのはスカルプチャー(彫刻)と同じことなのです。皮下脂肪を彫刻がごとく削り取っていくとお考え下さい。そのため削り取った脂肪部分が痩せるというのが脂肪吸引なのです。

ただし、彫刻といってもメスで削り取っていくわけではなく、吸引管と呼ばれる2、3ミリの管を使って皮下脂肪を吸い取るのです。例えばお腹の脂肪吸引の場合、おへそを中心にチューメセントと呼ばれる麻酔薬を浸透させて、管を挿入すれば簡単に皮下脂肪は吸引できます。そのため脂肪吸引は医療技術的には決して難易度の高い治療ではありません。そのため経験が未熟な医師であっても比較的容易に脂肪吸引を行うことができてしまうのです。
脂肪吸引の場合、ダイエットとは違い、脂肪細胞・脂肪組織そのものを直接除去してしまいますから、リバウドというのはほとんどありません。つまり一度脂肪吸引でその部分の皮下脂肪を除去してしまえば半永久的に再発することがないのです。なぜ「ほとんどありません。」と表現するかというと、厳密には1割程度の脂肪細胞は増えると考えられています。しかし、最大でも1割増えたところで脂肪吸引の効果には全く影響は出ないので安心して下さい。

● ボディスカルプチャー(彫刻)であるということ
● 確実な部分的な痩せが可能であるということ
● 半永久的に効果があるということ
● ダイエットにはならないということ
● 安全な治療法であるということ
脂肪吸引種類について

脂肪吸引にはいくつかの手法があります。美容外科のホームページにはいろいろな手法があるように見受けられますが、現在おこなわれている脂肪吸引はチューメセント法が主流で現実にはこの方法以外の脂肪吸引というのは行われていません。脂肪吸引の歴史を振り返ると現実に行われている脂肪吸引の方法が理解しやすいと思います。

そもそも脂肪吸引は最初は「ドライメソッド」と呼ばれる方法からスタートしました。吸引管を直接、脂肪層に挿入して皮下脂肪を吸い取る脂肪吸引です。多少の麻酔だけで基本的にはなにもせずに直接、皮下脂肪を吸い取るため、出血やしやすいし凹凸にもなりやすい。なにより皮下脂肪が吸い取りにくいというのがドライメソッドから始まった脂肪吸引です。

そこで皮下脂肪を水浸しにして吸引するウエット法が考案されました。水と言っても生理食塩水と呼ばれる体液に近いお水を皮下脂肪に浸透させ、脂肪をふやかした状態で脂肪を吸い取るという方法です。この手法ではドライメソッドのように吸引しずらいということがなくなり今ではこのウエット法が脂肪吸引の基本的なスタイルとなったのです。

チューメセント法と呼ばれるのは、ウエット法で用いるお水を生理食塩水ではなく、麻酔薬や止血剤、腫れを予防するための薬剤を混ぜた溶液を「チューメセント液」と呼んでいるためチューメセント法と表現されるようになったのです。実は脂肪吸引というのはこのチューメセント法が主流なのです。さまざまな呼称がありますが、チューメセント法以外の脂肪吸引というのは無いんです。

超音波脂肪吸引というのは、脂肪を吸引する前に超音波で脂肪を乳化させることで脂肪を吸引しやすくするという考えで行われているのですが、実際には皮下から照射した脂肪はほとんど乳化することはありません。一説にはチューメセント液を少し留置させることで吸引がしやすくなっただけという説が多く、ほとんど流行ること無く下火になってしまいました。

ベイザーというのは最新式脂肪吸引と言われていますが、こちらはチューメセント液を注入しながら皮下脂肪を吸引するという手法です。出血しにくい、腫れにくいという根拠のない宣伝文句に騙されて治療費用を上乗せさせるだけの無意味な脂肪吸引です。それが証拠に脂肪吸引の名医と呼ばれる専門医のほとんどがこのベイザーを使った脂肪吸引はおこなってはいません。

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る