美容外科選びTOP > 脱毛TOP > 永久脱毛 > デリケートゾーンの脱毛

レーザー治療でもっときれいになる


  • 脱毛の方法
  • 脱毛のメカニズム
  • 脱毛お薦めクリニック
  • 脱毛辞典
デリケートゾーンの脱毛はいまや常識。
ムダ毛からの解放感と衛生面、清潔感はなにものにも変えられない!!
VラインやIラインの脱毛は今や常識となっている。少し前までは水着の時に気になるからデリケートゾーンの脱毛をする人が多かったが、今は衛生面や清潔感のために大切な部分の永久脱毛を受ける女性が増えています。今さらはさみや毛抜きで自己処理なんてあり得ません。左右のバランスを整えるのも難しいですから、プロの手でしっかりとした永久脱毛を受けましょう。
デリケートゾーンを人に見せるのは恥ずかしい!でも恥ずかしいのは一時のこと。ムダ毛がなくなり、黒ずみも解消すればその瞬間の恥ずかしさなんて全く気になんてなりません。それ以上の喜びがあなたを迎え入れてくれるのです。
デリケートゾーン脱毛の脱毛

デリケートゾーンの脱毛といっても希望される場所は人それぞれ。中にはすべての毛を無くしたいと言うつわものもいる。それは一般的では無いだろうが、下着からはみ出てしまうムダ毛は処理しておきたいものである。

Vラインの脱毛 Vラインの脱毛
股、鼠径部のムダ毛を処理します。一般的なデリケートゾーンの脱毛がこのVラインと呼ばれるものである。下着、水着を履いてはみ出ているムダ毛から、下着のラインの少し内より部分のムダ毛を処理します。股の部分というのは下着や衣服の摩擦によって色素沈着していることが多いため、エステや脱毛サロンでの脱毛だと不十分なだけではなく、火傷などのリスクが高いので要注意。

Iラインの脱毛 Vラインの脱毛
女性器から肛門周囲のムダ毛処理がIラインの脱毛です。これは見た目の問題ではなく主に衛生面を考慮して永久脱毛を希望する女性が多い。もしくは男性に毛深いことを悟られたくない場合に脱毛されるかたもいます。Iラインの脱毛は生理の時やおしっこ、排便などの際にムダ毛がないことで非常に衛生的なので好まれる女性が増えている。海外ではハイジニーナ脱毛とも呼ばれ少しずつですが、日本でも定着しつつある脱毛。

デリケートゾーンの脱毛のメリット

・胸、乳輪周囲のムダ毛が無くなる    ・チクチク感が残らない
ハイジニーナなどデリケートゾーンの脱毛はエステ、脱毛サロンでの施術は「非常に危険である」という認識を持つこと。エステや脱毛サロンと聞くと簡単で気軽に受けることができそうなイメージを持つだろう。しかし現実はま逆。皮膚ダメージや火傷のリスクははるかに高い。特に光(フラッシュ)脱毛は肌のメラニンからの影響が大きく皮膚へのダメージは医療脱毛よりも強いのである。Vライン、Iラインの脱毛こそ医療脱毛を選択すべきである。

デリケートゾーン脱毛の費用の相場

気になるデリケートゾーンの脱毛費用ですが、美容クリニックで受ける場合には初診料と脱毛費用の両方がかかります。それ以外の費用はほとんどかかりません。そのためエステや脱毛サロンと比べても明確な料金提示であることに間違いはない。
ただ、気を付けてほしいのは医療脱毛でも格安のクリニックには要注意。脱毛は必ず機械を使います。その機械のメンテナンス、保守点検費用には年間数百万円というお金がかかります。それなのに格安で脱毛なんて不可能なんです。どんなサービスにも適正な価格というのは絶対にあります。低価格というからには必ず裏・理由があるんです。機器のメンテナンス不備、電気シェーバーの使い回し、劣悪な衛生環境などさまざま。エステにしろ美容クリニックにしろ見た目はすごく華やかでキレイ。しかし、見た目の美しさと脱毛品質は全く別。低価格に騙されて粗悪な治療を受けトラブルに巻き込まれないためにもデリケートゾーンの脱毛は価格で選ぶのではなく、相場価格、クリニックの実績、信頼度で選びましょう。
デリケートゾーン脱毛の費用

初診料・カウンセリング費用  1,000~3,000円
Vライン脱毛費用 1回当り  20,000~40,000円
Iライン脱毛費用 1回当り  20,000~40,000円

美容クリニックにもコース料金の設定がありますので、コースでの申込をされると良いと思います。ただし、美容クリニックにおけるコース料金については注意が必要です。

デリケートゾーン脱毛の注意点・トラブル

デリケートゾーンの脱毛で注意していただきたいのは、肌の色の状態です。レーザー脱毛にしろ光脱毛にしろ、いずれも毛の色に反応させて脱毛するという原理構造は同じ。VラインやIラインというのは下着の摩擦や皮膚との擦れからすでに色素沈着っぽくなっている女性が多い。皮膚の色にそういった症状がある場合は安易に脱毛を受けてはいけません。また、見た目以上に皮下にメラニンが多い場所というのがデリケートゾーンの特徴です。肌のメラニン量をチェックし、それに合わせた適切な照射設定ができる医療機関でVライン、Iラインの脱毛を受けましょう。

Vライン、Iラインの脱毛直後というのは皮膚に熱がこもりやすい。そのためムレる傾向にあるため大切な時期の脱毛は避けるべき。デートの直前にVラインやIラインの脱毛というのはもってのほか。出来る限りはやめに脱毛は済ませておきましょう。

デリケートゾーン脱毛のワンポイントアドバイス

デリケートゾーンの脱毛で問題となるのは皮膚の色。メラニンの蓄積・沈着した肌にレーザーを容易に照射すると火傷のリスクがかなり高くなる。もともと色素沈着っぽい色をしている場所なので仮に色素沈着をしてしまったも気が付かない女性も多い。医療機関による脱毛レーザーは美白効果もあるためデリケートゾーンの脱毛によって、「ムダ毛処理」と「黒ずみ解消」の両方が期待できます。

せっかくデリケートゾーンの脱毛が終わったのなら黒ずみも治しておきましょう。レーザー脱毛でも黒ずみは改善しますが、完全に消失するものではありません。美白剤やピーリングなどで肌の色もきれいになると見た目以上に清潔感がアップします。

デリケートゾーンの脱毛はどこで受けるべき!

デリケートゾーンの脱毛はどこで受けるのが良いのか?脱毛サロンなどはしきりにハイジニーナやVライン脱毛などを推奨していますが、そこに大きな落とし穴があるんです。そもそのデリケートゾーンは他の白いお肌と比べ色素沈着をしていたり、メラニンによる色が付いていることが多い。これは脱毛にとって非常に危険なサイン。脱毛効率の低下どころか、火傷のリスクをかなり高めてしまう。
VラインやIライン、ハイジニーナ脱毛のようなデリケートゾーンの脱毛こそ、医療脱毛が推奨されるのです。

デリケートゾーンの脱毛 ベストクリニック
エステの脱毛、病院(美容クリニック)の脱毛とでは何が違うの?

根本的な違いを知ろう。エステの脱毛と病院の脱毛とでは安全性・効果が全く違う。
エステの脱毛に永久的な脱毛効果は認められていない。実はそれだけじゃない。エステ、脱毛サロンでの脱毛は違法性が極めて高いことを知っていますか?
コスメティックセレクション 美容皮膚科の基礎 vol.01 肌の基本構造
美容クリニックの脱毛は本当に永久脱毛か? コスメティックセレクション
脱毛レーザーの真実。脱毛レーザーは永久脱毛だけじゃない! コスメティックセレクション
男性の脱毛ユーザー急増中!これで男はますます草食化? コスメティックセレクション
脱毛効果の疑問?レーザー脱毛はどれくらいの効果が期待できるのか。 コスメティックセレクション
眉毛の脱毛ってできるの? コスメティックセレクション
女性はなぜ脱毛を受けるのか? 女子力アップの秘訣は脱毛にあり! コスメティックセレクション
線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.