下眼瞼切開のリスクと注意点

下眼瞼切開 下眼瞼切開のリスクと注意点 下眼瞼切開の名医

下眼瞼切開は成功こそすれば自然な若さと美しさを手にすることができます。しかし、その反面、もし失敗した場合の影響は重大なものです。最悪のケースでは十数年悩まされる可能性も否定できません。中には過剰な皮膚の切除や、外反などで一生大きな悩みを抱えてしまったケースなども私たちは経験しています。ここでは下眼瞼切開で起こりうる問題点やそのリスクについてご紹介致します。

下眼瞼切開の最大のメリットはなんといっても確実に皮膚のたるみが解消するという点です。たるんでいる皮膚を切除する訳ですから当然の結果です。腫れや内出血などのダウンタイムを我慢して、不安を抱えながらの生活を過ごしたわけですから、これからは悩まず若々しい目元で過ごすことができるのです。


ただし、考えてほしいのは、下眼瞼切開というのはあくまでたるんでいる皮膚そのものを切除するだけであって、皮膚そのものが若返る訳ではありません。よく下眼瞼切開で目元にハリが出たとありますが、それは皮膚が伸ばされたことで張りがあるように感じるだけのことであって、皮膚そのものが若返った訳ではありません。下眼瞼切開は単にたるみを引き上げる治療であることを忘れてはいけません。

よくあるご相談に下眼瞼切開を受けたらどれくらい効果が持続するんですか?という質問を受けます。美容外科によっては4、5年、10年などさまざまな意見があります。しかし、それらはあくまで適当な回答でしかありません。

下眼瞼切開はあくまで弛みを取ってリセットするだけのこと。どれくらい持続するかなんてその方の眼輪筋の使い方、口輪筋の使い方、頰を支えている靭帯のゆるみによって全く違うのです。大切なのはどれくらい持続するかということではなく、下眼瞼切開はたるみをリセットするだけの治療。その後は自分自身の努力でしかないのです。ただ、勘違いしてほしくないのは数ヶ月で戻るものではありません。数年は持続しますのでご安心下さい。

また、下眼瞼切開を受けるのと受けないのとでは将来的な皮膚のたるみにも大きな影響を与えます。そのためたるみが気になれば、その都度切開してたるみを引き上げるということが望ましいのです。中にはハッピーリフトやフェザーリフト、金の糸などでたるみを引き上げる方もいますが、これらの治療は避けるべきです。一度皮下に糸を入れてしまうと簡単には取れませんし、糸で引き上げるというのは簡易的なものであり、実際に皮膚は縮みません。縮んだように錯覚させるのがこれらの治療であることを忘れないで下さい。

下眼瞼切開で失敗、修正が必要になったら
下眼瞼切開を受けて仕上がりに満足できない、不満を感じたらまずは治療を受けた美容外科の主治医とよく相談することです。特に切開を伴う手術の場合、一時的な腫れなどの影響によって引き起こされる問題も少なくありません。また、何よりも失敗した医師にも責任を持たせることも大切です。残念ながら美容外科医の多くは責任を持つと治療を受ける前は言っていますが、手術後には全く対応してくれないことも少なくありません。
下眼瞼切開を受けた美容外科に行きたくない、信頼できないという方は、当サイトにも紹介している下眼瞼切開を得意とする名医に一度ご相談下さい。

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る