下眼瞼切開の名医

下眼瞼切開 下眼瞼切開のリスクと注意点 下眼瞼切開の名医

下眼瞼切開は皮膚の切開デザインだけじゃなく、縫合技術や皮膚切除の大きさなどこれまでの経験と実績が大きな差を生みます。よくある目の下の専門クリニックにはそういった実績があるように見せかけていいますが、切開の治療実績などはほとんどない美容外科医も少なくありません。これでは決意して受けた下眼瞼切開に失敗してしまいます。大切な医師選びだからこそ信頼できる美容外科を選びましょう。ここでは美容外科に20年以上関わってきた私たちが推薦するおすすめ美容外科、下眼瞼切開の名医をご紹介致します。

慶友形成クリニック

家庭画報、GOLD、Frau、美的などさまざまな美容雑誌でも取り上げられる美容外科医の専門医。昨年は国内最高水準の美容外科医と評価され、web上での美容外科ランキング、美容ライターによる評価ランキングでも常に上位を独占。多くの美容外科医が見学に訪れるほど、医師間では信頼も厚。理事長の蘇医師は現在、慶應義塾大学医学部形成外科で美容外科の非常勤講師として多くの医師の指導にも携わっており、名実共に美容外科の名医である。

クリニック情報
住所 [東京院] 〒134-0091東京都江戸川区船堀3-5-7TOKIビル5階
[神戸院] 〒651-0085神戸市中央区八幡通4-2-124FR第三ビル8F
アクセス [東京院] 都営新宿線「船堀」南口すぐ前
[神戸院] 「三ノ宮」 徒歩6分
診療時間 10:00〜19:00
休診日 年中無休・完全予約制
料金 エラ削り:700,000円
麻酔費用:100,000円
※別途消費税
お勧め理由 顕微手術を得意とする美容外科医が常駐。顕微縫合による傷の縫合は肉眼による皮膚の縫合よりもさらに細かく正確に傷を縫い合わせることができるため、「どこよりも傷跡を目立たせない下眼瞼切開」を提唱しているだけのことがあり、傷跡はメイクをしない男性であっても安心して受けることができる。また、単なる皮膚切開に留まらず同時にほうれい線の解消にもつなげる下眼瞼切開は国内最高峰の技術といっても過言ではない。
備考 各種カード・医療ローン取扱有
詳細情報
ページ上部へ戻る