ヒアルロン酸注射

目の下のしわは老化のサイン。目の下のしわをあなどるなかれ。
目の下のしわは30代を過ぎると目立つだけでなく、深く変化してくる。少し目立ってきたけど… と様子をみていても仕方ない。目の下のしわは積極的に治療すべき! ヒアルロン酸注射は今のしわを消すことだけでなく、予防効果においても有効。予防することは5年先、10年先の肌に必ず影響する。目の下のしわは一度深く刻まれてしまうと修復は困難であるということは知っておこう。また、目の下のくぼみ・陥没も老け顔に見せてしまう。それにもヒアルロン酸注射で解消できる。

ヒアルロン酸というのはムコ多糖類が主成分の水分保持に対し非常に優れた成分。もともと体の中の皮膚や関節などに多くある物質です。ヒアルロン酸注射というのは皮下に注入できるように開発されたお薬でプチ整形の代表的な手法として多くの美容外科、美容皮膚科で行われています。


目の下のヒアルロン酸注射は要注意!失敗も少なくない。しかもその失敗には取り返しのつかない厄介なものが多い。もちろんヒアルロン酸注射のリスクは極稀なケースもあれば医者の技術で防げるものもある。大切なのは広告に惑わされないこと、未熟な医者に関わらないことを徹底しよう。

内出血や腫れなどは数日で改善する。なのでトラブルとは言えない。問題はミミズ腫れと異物感。この2つの状態は非常に厄介。医者は自然に吸収されるまで待とうと言うが、ミミズ腫れについては1,2年で吸収されないケースも多い。なぜなら皮下で浅い層というのはもともとの血流も少なく、吸収までにすごく長い時間がかかるのである。しかもヒアルロン酸分解注射の使用も困難で手の施しようがないこともある。


一般の方だけでなく軽いいいかげんな医者も新しい製品には飛びつく。新しいものが良いという非常に頭の悪い考え。新しいものこそリスクが高く危険であるという意識を持たなければ散々な目に遭うことは明らか。ヒアルロン酸製剤はドイツや韓国などから非常に安価な製品が簡単に入手できる。実績については評価のしようもなく絶対にお勧めはできない。

日本国内において実績のあるスタンダードなヒアルロン酸製剤
アラガン社 ジュビダーム・シリーズ
Q-Med社 レスチレン・シリーズ
この2種については国内での利用実績も豊富で、多くのまともな医師が使っている製品である。

※長期間持続するヒアルロン酸製剤を希望される気持ちは十分理解できますが、なにか問題を引き起こした場合には、最悪の状態に陥りますし、その最悪の状態が長く続くことを忘れないでください。責任ある医師ならそういった製品を使わないでしょう。特にレディエッセなどを目の下に使うなんてことは避けるべきでしょう。

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る