眼瞼下垂の手術を受けたあとのメイクはいつから可能か?


二重まぶたの整形に関する疑問にお答えします

眼瞼下垂の手術を受けた場合のメイクの開始時期についてご紹介します。


Q.眼瞼下垂の手術後メイクができるようになるのはいつからですか?抜糸をするまで仕事を休もうかと思っています。抜糸の翌日からメイクはできるようになるのでしょうか。また、メイクをすればほとんど腫れや傷は人にバレない程度になりますか?

A.眼瞼下垂の手術後メイクができるようになるのは抜糸をした翌日からになります。なので、1〜2週間はアイメイクはできません。アイメイク以外でしたら、手術の翌日からしても大丈夫です。
抜糸をする頃には腫れはほぼ落ち着いていると思います。傷の赤みはまだまだ消えないので、メイクをしないと目を閉じた時少し目立つかもしれません。もちろん目を開けている時はわからないです。少し濃いめのアイシャドウを使えば、傷の赤みも目立ちにくくなると思います。
内出血が出た場合も、抜糸をする頃には消えかけてきていると思うので、アイシャドウで隠すことができます。ただ、内出血が目元周辺に広がることがあるので、その場合はコンシーラーなど使えば対応できる程度です。

関連記事

テスト

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る