美容外科選びTOP > 胸の美容整形 > 乳頭縮小

乳頭縮小


胸の美容外科治療のすべて
大きくなってしまった乳首。胸の整形で小さくすることができます。
「乳頭縮小」で大きくなる前の大きさに戻す!!

乳頭縮小

授乳や刺激によって大きく肥大してしまった乳首。胸 は小さいけれど乳首は大きい。
そんな悩みを抱えている女性はいます。
「乳首を小さくすることなんてできるの?」
「失敗して乳首が無くなったりすることはないの?」
乳頭縮小に対するさまざまな疑問も多い。ここ では乳頭縮小の現実と実際の手術方法。乳頭縮小のリ スクを解説していきます。

乳頭縮小の手術方法

大きくなってしまった乳首を小さくする方法「乳頭縮小」にはいくつかの術式があります。それは大きくなった乳首の状態によって適切な治療法があるためです。ここでは「乳頭縮小」のいくつかの方法をご紹介しましょう。

乳首の高さ・長さではなく、直径・横幅を広がっているのは改善したいケースの場合。
乳首を縦に切開することで乳首の外形を小さく縮小する乳頭縮小です。どこまで小さくするのか?ということで2ヶ所にするのか、3ヶ所にするのか違います。傷が目立ちやすく修正手術を余儀なくされることも少なくありません。中には乳首の直径を5㎜以下にしたいという無茶な要望を唱える人もいますが、小さくすればするほど血行障害などのリスクが高くなります。一般的には8㎜から10㎜に仕上げることが多いです。
①横に大きく広がってしまった乳首を小さくしたい方に向いている方法です。 ②乳首を縦に2、3カ所切開して、乳首の外径を縮小します。
①横に大きく広がってしまった乳首を小さくしたい方に向いている方法です。 ②乳首を縦に2、3カ所切開して、乳首の外径を縮小します。
③切開した部分を丁寧に縫合します。乳首は縫合に技術が傷跡に影響する可能性が高くなります。 ④乳首の直径は確実に小さくなり、スッキリとした乳首を形成します。
③切開した部分を丁寧に縫合します。乳首は縫合に技術が傷跡に影響する可能性が高くなります。 ④乳首の直径は確実に小さくなり、スッキリとした乳首を形成します。



乳首の直径ではなく、乳首の長さ・高さを改善したいケースの場合①
乳首の根元の皮膚をリング状に切除し、縫い縮める方法です。この方法は乳管が柔らかいタイプに向いている治療で、乳管も温存されているため授乳などへの影響もほとんどありません。大きな変化を求める場合は良い結果を求められないこともあります。
→失敗とリスクのページで詳しく解説
①授乳などの影響によって伸びてしまった乳首の高さを短くします。 ②乳首の付け根の外周の皮膚、結合組織を切除します。
①授乳などの影響によって伸びてしまった乳首の高さを短くします。 ②乳首の付け根の外周の皮膚、結合組織を切除します。
③数ミリ単位で細かく縫合していきます。 ④乳首の高さは短くなり、ご希望の仕上がりに整います。
③数ミリ単位で細かく縫合していきます。 ④乳首の高さは短くなり、ご希望の仕上がりに整います。



乳首の直径ではなく、乳首の長さ・高さを改善したいケースの場合②
乳頭の先端をVの字に切開して縫い合わせる方法。一見乱暴な手術に見えますが、高さを調整する乳頭縮小においてはこういった方法もあるんです。この術式の問題点は乳管を温存することは基本的には難しい。授乳をしないということが絶対条件となる手術である。
①乳首の高さを劇的に大きく変化させたい場合、乳管、結合組織が硬い人に向いています。 ②乳頭の先端からVの字型に切開して、乳頭を乳管ごと切除します。
①乳首の高さを劇的に大きく変化させたい場合、乳管、結合組織が硬い人に向いています。 ②乳頭の先端からVの字型に切開して、乳頭を乳管ごと切除します。
③切開した部分を丁寧に縫合します。乳首は縫合に技術が傷跡に影響する可能性が高くなります。 ④乳首の高さは確実に低くなり、スッキリとした乳首を形成します。
③切開した部分を丁寧に縫合します。乳首は縫合に技術が傷跡に影響する可能性が高くなります。 ④乳首の高さは確実に低くなり、スッキリとした乳首を形成します。



乳首全体の大きさを調整して、乳首を小さく仕上げる
乳首の直径、高さを含め全体的に小さくする方法です。乳首の外周と縦に切除することで乳首全体を小さくすることができます。一般的によく行われている乳頭縮小がこの方法です。広範囲に切開するため傷跡の問題がありますので、乳頭縮小を受ける場合は形成外科を基本とした医師を選びましょう。
①全体的に肥大した乳頭を小さくする方法です。 ②乳首の付け根の外周と縦に切開することで全体的に乳首を小さくします。
①全体的に肥大した乳頭を小さくする方法です。 ②乳首の付け根の外周と縦に切開することで全体的に乳首を小さくします。
③切開した部分を丁寧に縫合します。乳首は縫合に技術が傷跡に影響する可能性が高くなります。 ④乳首全体が確実に小さくなり、スッキリとした乳首を形成します。
③切開した部分を丁寧に縫合します。乳首は縫合に技術が傷跡に影響する可能性が高くなります。 ④乳首全体が確実に小さくなり、スッキリとした乳首を形成します。


乳頭縮小の手術後の注意点

・術後の安静は非常に重要です。血流の維持のためにも手術当日は安静にしましょう。
・乳頭縮小の手術の翌日は医師の診察が望ましいです。血行障害に関してあまり注視して
 いない医師の場合、検診は無くても良いという方もいますが、翌日の検診は極めて重要
 である。
・通常、抜糸は1週間後におこないます。
・たばこや飲酒は絶対にダメ!!最悪の結果にならないためにも絶対に守ろう!


胸の整形で自信のある胸元を手に入れる
胸の美容整形手術のご紹介

乳房縮小 - 大きい胸を小さくする
陥没乳頭 - 陥没した乳首を引き出す
乳輪縮小 - 広がった乳輪を小さくする
乳房吊り上げ - 垂れた胸を引き上げる

線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.