美容外科選びTOP > 豊胸 > 豊胸概要

豊満な胸元で女の魅力をアップする



安全な豊胸。豊胸の真実に迫る。豊胸におけるメリットとデメリットを知る
豊胸概要  豊胸の実際 豊胸のリスク・問題点 プロテーゼについて 豊胸のクリニック

プロテーゼを使った豊胸の真実、核心に迫る!! 豊胸で自然なバスト。大きくて魅力的な胸に生まれ変わるために私は豊胸を望む。現実的、真実の豊胸を美容ライターの清水が徹底レポートします。


プロテーゼによる豊胸 プロテーゼによる豊胸

シリコンプロテーゼ(以下、プロテーゼ)、人工乳腺を使って胸を大きくする豊胸の代表的な手術。昔と比べ最近の女性は食生活、社会環境の変化から平均的なバストが大幅にアップしている。そのため、従来よりも豊胸全体のシェアは減少しているが、その反面、周囲に胸の大きい女性が増えた分、貧乳コンプレックスで悩む女性も少なくはない。ここではプロテーゼを用いた豊胸の方法について詳しく説明します。



豊胸手術の実際1 どこから手術するのか?どこを切るのか? プロテーゼによる豊胸

プロテーゼを用いた豊胸は必ず、プロテーゼを挿入する場所が必要。一般的には腋窩からのアプローチ(脇)。他の方法として、乳輪周囲の切開や乳房下縁からもある。大きさによって違ってくる。
スタンダードなのは腋窩からのアプローチ。しかし、極端に大きなサイズのプロテーゼを使用する場合は脇からは向かない。その場合は乳房下縁を切開し、プロテーゼを挿入する。乳房下縁を嫌う医者、患者は多いが、腋窩と比べ剥離範囲が確実なもので、止血も十分なので被膜拘縮を限りなく少なくするメリットも大きい。ただし、表面に傷は残る。傷を気にしないのであれば乳房下縁という選択肢は非常に望ましい豊胸である。
乳輪周囲の切開による豊胸は乳輪縮小などと併用する場合にお勧めの豊胸である。胸を大きくすることと広がった乳輪を同時に手術する場合はわざわざ脇からアプローチする必要はないため有効。一般的に「豊胸=脇の傷」という認識が高いため、脇に傷がないというのもメリットとして考えられる。



豊胸手術の実際2 豊胸はどこにプロテーゼを入れるのか

現在、行われている豊胸は乳腺下法、大胸筋下法、乳腺膜下法の3つの方法がある。それぞれにメリット・デメリットがある。大胸筋膜下法の場合、乳房の下半分まで進むとはっきりとしたレイヤーが不明瞭になる。言葉遊びではないがレイヤーを途中で切り替えるというインチキなネーミングを付けているクリニックもあるが、そういった医者の言葉遊びに騙されてはいけない。現実的にレイヤーは3つのタイプに限定されるということを理解しておくべきである。


大胸筋膜下法
大胸筋膜下法

(特徴)乳腺下法と同様に乳房の形状を整えやすい。大胸筋下と違って筋肉の動きに左右されることもなく自然に仕上がる。乳腺下法と違い乳腺の雑菌の影響もほとんどなく安定した豊胸の結果を得られやすい。現在、多くの美容外科で推奨されている豊胸のレイヤー(層)である。ただし、痩せ体型の場合はプロテーゼの輪郭が出やすい可能性もある。しかし、アナトミカルの場合はそういった心配はない。


乳腺下法
大胸筋膜下法

(特徴)乳房の形状を整えやすく術後の痛みが比較的少ない。 大胸筋下と違い筋肉の動きに左右されることなく自然である。しかし、痩せ体型の場合、プロテーゼの輪郭が出やすく、リップリングを起こしやすい。乳腺の雑菌による感染や被膜拘縮の誘発の可能性が指摘されている。


大胸筋下法
大胸筋膜下法

(特徴)一番奥の深い層にプロテーゼを挿入するためプロテーゼの輪郭が出にくい豊胸である。被膜拘縮のリスクは非常に低く安定した豊胸の効果を得られやすい。ただし、大胸筋の動き・可動によってプロテーゼが動くため術後の痛みが乳腺下に比べると強い可能性が高い。
胸が垂れている状態の人に大胸筋下で豊胸をおこなうと段々の不自然な胸になるため要注意である。


※レントゲンに写るか否かを気にする人も多いが、基本的にはすべて写ります。ただし、照射条件によっても違ってきますし、場合によって豊胸が原因で若干は診察に妨げになることがあります。それは挿入しているレイヤーの問題ではなく、豊胸そのものが問題となるのです。



豊胸手術の実際3 豊胸で使うプロテーゼの大きさはどう決めるべきか

手術中に大きさを確認する美容外科もあるが、ほとんど意味はない。基本的には豊胸の前に実際にサイズを確認することが多いのが現実的である。クリニックに置いてあるプロテーゼのサンプルを実際に使ってブラの数種類のプロテーゼを挟んで十分決定できる。 硬膜外麻酔や静脈麻酔で確認はできないことではないが、実際には麻酔で少し朦朧としていたり、手術中に座ることで一過性の低血圧を来たし、十分な確認が出来ていない事例が実は多い。美容外科のホームページでは笑顔で確認しているもの見かけるが、ほとんど嘘。超レアなケースだということを知っておくべきである。


豊胸のプロテーゼのサイズを決めるポイント

豊胸はどこまでも大きくできる訳じゃない。理論的には可能である。しかし、その人の骨格や皮膚の伸縮性によって安全性と、豊胸の自然さは大きく違ってくる。また、身長によっても考慮しなくてはいけない。
体型にあっていないプロテーゼを使って豊胸を実施すると、胸に変形をきたしたり、おかしな胸の谷間になったり、プロテーゼが中で折れ曲がってしまうなどの問題を引き起こす。
カウンセリングで十分お話をして医師から自然にできる可能な大きさを決めましょう。




次は豊胸の実際について迫ります 
線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.