眼瞼下垂

強い目力が手に入ればあなたはもっとキレイになれる。
二重まぶた手術「眼瞼下垂」で、自分史上最高の美を手に入れる!!


黒目を大きく、そして二重でぱっちりとした目元へと変化させる眼瞼下垂法。まぶたの下垂は、黒目を隠し目を小さく見せ、暗い印象の目元にしてしまう。また額のシワも症状の一つで、老化を感じさせる原因になる。眼瞼下垂法は、他の二重手術とは違いまぶたの開き具合を改善するため、目自体が大きくなり、さらに二重にすることでより大きな変化が期待できる。額のシワも改善され顔全体の若返りが実現する。

黒目を大きく、そして二重でぱっちりとした目元へと変化させる眼瞼下垂法。まぶたの下垂は、黒目を隠し目を小さく見せ、暗い印象の目元にしてしまう。また額のシワも症状の一つで、老化を感じさせる原因になる。眼瞼下垂法は、他の二重手術とは違いまぶたの開き具合を改善するため、目自体が大きくなり、さらに二重にすることでより大きな変化が期待できる。額のシワも改善され顔全体の若返りが実現する。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とはしっかりとまぶたを持ち上げることができない状態、目がしっかりと開かない状態、開けにくい状態を眼瞼下垂と言います。
黒目の半分以上(瞳孔に上まぶたの縁がかぶさっている状態)が上まぶたにかぶさっている状態であれば明らかに眼瞼下垂と言えますが、多少の左右差などの変化や少し下がっている程度の方も多いのが特徴です。また、最近では偽眼瞼下垂と呼ばれるタイプで年齢と共にたるみによって多少の眼瞼下垂傾向にある方も増えています。これらは病気とは言えません。単なる老化や偽眼瞼下垂と呼ばれるタイプが現在は非常に多いんです。主な症状としては視野が狭くなることで、目が疲れやすくなったり、前頭筋の過緊張による片頭痛や肩こりを引き起こします。こういった軽度の症状や偽眼瞼下垂の方に眼瞼下垂症の手術(挙筋前転法)は非常に有効とされています。

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂の症状 目が開けにくくなるいわゆる眼瞼下垂傾向になると、代償作用として自然にまぶたをもっと開けようと働いてしまいます。そのため、前頭筋と呼ばれる筋肉を代用的に使ってしまいます。額にしわを強く寄せてしまう作用です。前頭筋や付随するミューラー筋の過緊張は自律神経系に作用しており、片頭痛や肩こりなどの症状が強くなるのはこのためです。
また、挙筋腱膜と瞼板との緩みの影響で、眼窩脂肪を目の奥に引き込まれ目の上が窪んでしまったり、一重の人が少しずつ二重まぶたになったりすることも少なくありません。

眼瞼下垂は病気じゃない!!

眼瞼下垂は病気じゃない!本来治療適応とされる眼瞼下垂というのは開瞼障害などまぶたをしっかりと持ちあげることができない、目をしっかりと開けることが出来ないケースは治療適応とされ眼瞼下垂という病名で診断されます。しかし、最近メディアで取り上げられている眼瞼下垂は病気なんかじゃありません。片頭痛があるから、肩凝りがあるからといってなんでもかんでも眼瞼下垂だというのは無知なメディアが節操のない医者の言葉に騙されているだけのこと。
本当に眼瞼下垂で苦しんでいる方とは全く違う。あたかも頭痛や肩こりの治療として眼瞼下垂がクロースアップされているが症状の改善として眼瞼下垂の手術が承認されているわけではない。あくまで開瞼障害として日常生活への制限を認めているのが本来の眼瞼下垂手術である。
そんな背景をよそ眼に小金を稼ごうとする拝金主義の医師がなんでもかんでも眼瞼下垂の病名をつけ、美容目的に限りなく近い形で手術を斡旋しているのが現状。もちろん利用者にも問題がある。眼瞼下垂で保険が使えれば5,6万円で二重まぶたにできる。しかし、美容外科で二重まぶたにすれば数十万円の治療費がかかる。少しでも安いほうが良いからとこぞって保険診療にかけこむのは、

眼瞼下垂の手術を受ける前に

治療目的をしっかりとすべき!!
あなたはなぜ眼瞼下垂の手術を受けようとするんですか?パッチリとした大きな目にしたいから?まぶたがしっかりと持ちあがらないから?片頭痛や肩こりを治したいから?眼瞼下垂の手術目的を明確にしましょう。治療目的を明確にしなければ得られる結果にも満足はできません。医者にモラルなんてありません。治療を受ける方、希望するみなさんがモラルを持って行動しないととんでもないことになるんです





ページ上部へ戻る