美容外科選びTOP > 輪郭形成 > 下顎枝矢状分割術

輪郭整形治療のすべて


下顎全体の位置を移動・調整して美しい輪郭を形成する!

しゃくれたあご、受け口、アゴの変形...
下顎の悩みは下顎枝矢状分割術で解消させることができます。

下顎骨を適切な位置にスライドさせ、美しいフェイスラインを築き上げる。
下顎枝矢状分割術(SSRO)と言えば大学病院などでは主に口腔外科で治療している手術。しかし、この手術、「美容外科」で受けられることをご存じだろうか!? 単に顎変形症の治療ではなく、美しい輪郭に形成するための下顎枝矢状分割術もあるんです。

顎(アゴ)・輪郭の悩みは美容外科で相談しよう。

下顎枝矢状分割術で何が治せるのか?
下顎枝矢状分割術(Sagittal Splitting Ramus Osteotomy:SSRO)と呼ばれる手術は古くから口腔外科で主に治療されてきた顎変形症の治療のひとつです。下顎骨を切り離し歯列部分の骨の位置を変化させることで下顎の噛み合わせ、顎の位置を治療することができる手術。 口元が前に突出していたり、受け口、しゃくれた顎、顎変形症の治療などに用いられます。上顎との噛み合わせ、位置が重要になってきますので、必要に応じて、上顎全体の位置を調整するLefortⅠ型骨切り術と併用して治療することもあります。
口腔外科で治療する場合は基本的に顎変形症の治療ですので保険の範囲で治療できますが、美容的な美しさを追求する場合はそういった治療を併用することは基本的にはできません。美容的に美しいフェイスライン、輪郭を形成するのであれば「美容外科」での下顎枝矢状分割術が必要となります。

下顎枝矢状分割術っていったいどんな手術なの?
下顎枝矢状分割術は歯列を含めた下顎全体を移動させる方法です。お口の中から口腔粘膜を切開して下顎骨を露出させ、歯列を残すようにA-Bの部分から骨を切断して、下顎全体をフリーの状態にし、適切な位置に移動させて再固定する手術です。この手術によって下顎の位置を自由自在に変化させることができます。しかし、美容外科でおこなう下顎枝矢状分割術は、さらに美しさを追求することができる。例えば下顎水平骨切りで顎のライン、フェイスラインを整えたり、顎先を削るなどしてシュッと引き締まったフェイスラインも手に入れることができるんです。

美容外科で受ける下顎枝矢状分割術って
下顎枝矢状分割術は顎変形症などの病気による治療であれば保険が適応されることもある。一般的に口腔外科で行われている下顎枝矢状分割術がそれである。しかし、大学病院などの手術にはさまざまな条件がある。2、3週間の入院が必要であること。術後に顎間固定といって上顎と下顎とをしっかりと固定するため、流動食が必要になる。
しかし、美容外科で受けることができる下顎枝矢状分割術は違う。基本的には入院は不要。その上、苦痛となる顎間固定をすることなく治療できるのが大きな特徴。手術料金を考えると保険手術は若干安くはなるが、入院費用などを考えると大きな差が出ない。それ以上に美容外科で受けるメリットがある。それは「美しく仕上がるフェイスライン」なのである。顎形成も同時におこなうことで顎変形症の改善だけではなく、美しいフェイスライン、あなたが希望する理想とするフェイスラインを手に入れることができるのである。



下顎枝矢状分割術 概要 下顎枝矢状分割術 手術の実際 下顎枝矢状分割術 術後の経過 矯正歯科との連携 下顎枝矢状分割術 お勧めクリニック
線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.