美容外科選びTOP > 最新美容医療情報 > 眼瞼下垂の保険診療について 

二重まぶたの整形に関する最新事情

眼瞼下垂は保険診療or保険外診療 ??

眼瞼下垂は保険で治療できる!もちろん嘘じゃない事実である。しかし、眼瞼下垂のすべてが保険で治療できるとは限らないことを知っておこう。眼瞼下垂というのは目が開かない開瞼障害という病気、だから病気の治療として保険範囲に含まれているのだが、メディアの偏った情報と、それを餌に集客につなげる医師の必死な戦略でいくつものトラブルも多いのである。

保険診療と保険外診療とでは違うことを忘れるな

保険診療で眼瞼下垂を受ける場合の治療費用というのは両側で5万円前後、一方保険診療外で眼瞼下垂の手術を受ける場合は40万円から高いところでは60万円という治療費用がかかる。同じ眼瞼下垂を受けるなら誰だって安いほうが良いに決まってる。しかし、病的な治療を受ける場合の治療目的というのは開瞼障害の改善、つまり開きが良くなれば良いわけである。美容的、整容的な効果を求めるというのは本来の治療目的と趣旨が違ってくる。
もちろん、要望を聞いてくれる医師もいるだろうが、開けば良いだけの治療と、二重まぶたや見た目を綺麗に整えたいのとでは違うことを忘れてはいけない。

中には偏頭痛や肩凝りが強い、まぶたもしっかりと開いていない気がするなど比較的軽度の眼瞼下垂症状を訴え、なんとか保険で手術できないかと医師に迫る輩もいますが、眼瞼下垂症状があるからといってそれが直ちに「眼瞼下垂という病気」とは限らない。偏頭痛や肩凝りというのは病気であって病気ではないものなのである。

治療目的を明確にしよう

治療目的を明確にすることは何より重要である。しっかりと開かないからしっかりと開くようにする開瞼障害の治療なのか、二重まぶたにしたい、目を大きくしたいなど美容的な治療なのかを明確にすべきである。もちろん、両方の効果を期待するのであればそれを保険で治療できるというのはあつかましいこと。整容的な目的を望むのなら保険外で治療すべきである。

保険診療で起こりやすい問題点

保険治療における眼瞼下垂の術後の問題点で良く受ける相談に開くようにはなったが、違和感であったり、なんとなく辛くなったという方も少なくない。また、見た目にもあきらかにおかしい、誰が見ても不自然な仕上がりになってしまったというケースも少なくない。

写真のようなケースでは本来目頭側まで切開を加えてしまうと瘢痕の問題だけではなく、もともと目と目の距離が短いにもかかわらず、眼瞼下垂の手術によってさらに距離が短くなってしまったというケースもある。個人の眼科(形成外科併設)で眼瞼下垂と診断され保険治療として受けたのだが、結局は美容外科で修正手術を受ける羽目になってしまったのである。
もちろん、仕上がりの不自然さに悩んでしまった無駄な期間だけではなく、かかった費用も60万円という高額なものとなってしまったのである。



線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.