乳輪縮小のリスクと注意点

乳輪縮小は本当に安全なの!?
すべて医師任せではダメ!! 「乳輪縮小」で起こりうるリスクは知っておこう。

乳輪縮小
乳輪縮小は皮膚を切除して大きさを整える胸の美容整形のひとつ。そんな乳輪縮小はすべてが安全なのだろうか? 乳輪縮小で起こりうるリスクは無いの?
医師の説明ではまったく聞いたことがなかったトラブルが現実には起こりうる。すべてを医師任せにするのではなく、自分自身でもさまざまな情報を入手し、乳輪縮小に挑むべき。ここでは乳輪縮小に関するリスク・失敗についてしっかりと解説し ます。

乳輪縮小 乳輪縮小
乳輪縮小のリスク 乳輪縮小のリスク
乳輪縮小を受けるならこのクリニック 乳輪縮小の名医
乳輪縮小で起こりうる最も危険なリスク
乳輪縮小で問題となるのは皮弁がうまく形成されずに起こる皮膚の壊死である。極稀なケースではあるが実際に起こると非常に厄介である。

乳輪縮小で問題となるのはやはり傷跡
乳輪縮小でやはり問題となるのは切った部分の傷跡である。内側法の場合は比較的目立ちにくいが、外側法からの場合は非常に醜くなることがある。それは単に傷の問題だけではなく、グラデーションがうまく再現できなかった場合、皮膚と乳輪との堺がくっきりとツートンカラーとなってしまう。

乳輪縮小で左右の形が違った場合どうなるの?
乳輪縮小で起こるトラブルで比較的多いのは左右の乳輪の大きさ、形状の違いである。これは自分は全く関係ない。医者の技術の問題である。修正の時期については状態にもよるだろうが、できれば最初の乳輪縮小の後3カ月空けることをお勧めする。早く治したい気持ちはわかるが起こってしまった以上、次のリスクを軽減するためにも時間を空けると言うのは非常に大切である。 もちろん、これらは医者の技術的な問題以外に考えられない。再手術は無料でおこなうのが筋である。手術の前に再手術になった場合の費用、無料でできるか?などもしっかりと確認しておくべき!

乳輪縮小で起こりうるその他のリスク 
乳輪縮小の後に比較的起こりやすい問題は下記の通りである。
1)傷跡が目立つ、気になる。
2)希望していた大きさじゃない

ページ上部へ戻る