眉毛下切開のリスクと注意点

眉毛下切開 眉毛下切開のリスクと注意点 眉毛下切開の名医

眉毛下切開のリスクと注意点

・傷跡について
眉毛下切開の傷跡は、眉毛の下の線に沿って残ります。最終的に傷跡は白い一本の線になり、眉毛に隠れて傷はほとんど目立ちません。メイクで眉毛を描けますし、アートメイクをする方も多いですが、やはり気になってしまうという方もいます。また、術後抜糸までは糸が丸見えの状態になります。もちろんぱっと見目立ちますので、抜糸をするまではお仕事や学校はお休みを取る必要があります。

・まぶたの内側のたるみについて
眉毛下切開は、まぶたの外側のたるみをとるのは適していますが、まふだの内側のたるみをとることは難しいです。まぶたの内側のたるみを撮りたい場合は、上眼瞼切開で改善する方が良いでしょう。

関連記事

テスト

肌の若返り・スキンケアの最新情報

  1. 肌の再生医療「線維芽細胞移植術」

    線維芽細胞全般 > 肌の再生医療「線維芽細胞注入・移植」があなたの肌の未来を変える!! …
  2. 肌の再生医療 ”線維芽細胞注入” であなたの肌は若返る

    最近肌に元気がない、小じわが増えたなど年を重ねるとともに誰もが感じる肌の老化。シワ・たるみ、毛穴の開…
ページ上部へ戻る