美容外科選びTOP > 鼻の美容整形 > 鼻翼縮小

鼻の美容整形


鼻の美容整形のすべて

鼻翼、小鼻の広がっている大きな鼻のイメージを治したい!

小鼻の悩み「鼻翼縮小」で解消する。私は鼻の整形でキレイに変わる。

鼻翼縮小

鼻翼(小鼻)が横に広がっていて鼻が大きく見える。鼻の穴が広がって見える。そんな小鼻の悩みを抱えている人は鼻の整形のひとつ「鼻翼縮小」で改善できる。
鼻の穴の印象は二重や輪郭と違って目立たないイメージがあるのですが、実はそうでもないんです。鼻の穴が見えにくくなることでシャープな鼻のイメージに変わるため見た目の印象が少し引き締まった感じになるんです。
鼻翼縮小というのは小鼻に広がりを抑えて鼻を小さく見せるため鼻の整形の中でも人気の高い治療のひとつです。しかし、人気のある反面さまざまなトラブルも抱えています。それは過剰な縮小による不自然な鼻や、だんご鼻など別の問題があるケースに鼻翼縮小をしてしまったことで、より不格好な鼻になってしまうというトラブルも増えています。

そもそも鼻翼縮小とはどういった手術なのでしょうか?

小鼻の広がりを改善する鼻翼縮小。小鼻の広がった鼻は一般的にあぐら鼻と呼ばれ、鼻を大きく見せ男性的な印象を与えてしまいます。鼻翼縮小は鼻翼(小鼻)の一部分を切除して横に広がった鼻を小さくする手術です。
治療法は3通りあり、外側を切除する「鼻翼外側切除」と、内側(鼻の穴の一部)を切除する「鼻翼内側切除」、内側と外側の両方を切除する鼻翼縮小があります。

どういった鼻翼縮小が望ましいのか?

一般的に表面に傷を残したくないために内側切開で鼻翼縮小を希望されるが多いのですが、それは大きな間違いです。内側の切開と外側の切開とでは仕上がりの形状に大きな違いを生じます。大切なのは現在の鼻翼の形状に対し、どこを切開しないといけないのかという判断です。表面に傷を残したくないという気持ちは当然ですが、それよりも大切なのは希望する仕上がりを優先させなくてはいけません。
美容クリニックによってはなんでもかんでも言われるがままに手術するいい加減なところもありますが、それでは希望する形状にならないだけではなく、鼻翼縮小に対するマイナスイメージがついてしまうでしょう。
簡易的な鼻翼縮小の判断ですが、鼻翼の付け根よりも、小鼻(鼻翼)が外側に出ていれば外側の鼻翼縮小がいいでしょうし、鼻翼の付け根よりも小鼻(鼻翼)が外に出ていなければ内側の鼻翼縮小というのが一般的です。ただし、あくまで鼻翼の厚みや正面から見たときに形状、角度によって複合的に鼻翼縮小を行うこともあります。大切なのは鼻翼縮小の正しいデザインで仕上がりは大きく違ってくるということです。要は医者の診断能力、経験値などの技術一つで大きく違うということを知っておきましょう。



>次は鼻翼縮小の実際の整形について解説します。
線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.