美容外科選びTOP > 鼻の美容整形 > 隆鼻(プロテーゼ)

鼻の美容整形


鼻の美容整形のすべて

鼻を高くする鼻の整形手術『隆鼻術』!!

私はシリコンプロテーゼで鼻筋を通して、鼻を高くする。

隆鼻(プロテーゼ)

鼻を高くする整形手術の代表的な手法「プロテーゼを用いた隆鼻術」。プロテーゼというシリコン樹脂でできた人工の軟骨を鼻根部に挿入して鼻を高くすることができます。この隆鼻術は非常に歴史も古く極めて安全性も高いのですが、過度な高さの調整や鼻先までの調整をおこなうと皮膚に負担がかかり、将来的に重大な問題の引き越すことが指摘されています。
隆鼻術自体はそれほど難易度の高い「鼻の整形」手術ではありませんが、プロテーゼの下処理、プロテーゼを留置する剥離処理に問題があると数年後にトラブルを引き起こすため経験豊富な医師、鼻の整形の名医による隆鼻術が必要です。

シリコンプロテーゼを使った隆鼻

シリコンプロテーゼ(以下、プロテーゼ)は人工軟骨として美容外科、形成外科などで古くから用いられている医療材料のひとつです。そのプロテーゼを使った低い鼻を高くしたり、鼻筋を通すのを隆鼻と呼びます。隆鼻で用いるプロテーゼにはL型とI型の2つのタイプがありますが、L型プロテーゼは将来的にアップノーズになったり、鼻先(鼻尖部)への悪影響が強く、多くの医師がL型プロテーゼを使わない傾向にある。


シリコンプロテーゼを使った隆鼻


隆鼻の特徴

隆鼻の最大の特徴はプロテーゼの硬さにある。もともと鼻が高い人というのは鼻骨や軟骨が高い状態にあるため鼻が高い。実際の鼻骨や軟骨は非常に硬いためプロテーゼによる隆鼻というのは実は自然なのである。プロテーゼを留置する場所も基本は骨膜下。しかし、中にはおかしな医者が皮下に入れたり、中途半端な位置に留置するためぐらぐら動いたりする鼻になるなどもある。

プロテーゼによる隆鼻の特徴

鼻を高くすることができる   鼻筋を通すことができる

隆鼻は将来問題を起こす?

鼻を高くする隆鼻で将来問題を起こすことがある。整形を受けた人にとって深刻な問題である。しかし、適切な手術で、使用している医療材料に問題がなければ一生涯問題はない。
問題となるのは不適切な医師による適当な手術。使用した医療材料が粗悪なプロテーゼなどであれば直ちに問題はなくても、数年後に問題を引き起こす可能性が高い。

隆鼻の概要

腫れ

7日程度

内出血

稀にある

術後の痛み

ほとんどない

術後の固定

テーピングによる固定

ダウンタイム

1週間を見た方が良い

抜糸

7日後

費用の相場

20~30万円

入替など修正

全身麻酔

費用の目安

比較的容易

麻酔について

局所麻酔で可能



>次は隆鼻(プロテーゼ)の実際ついてご案内致します。
線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.