美容外科選びTOP > 鼻の美容整形 > ゴアテックス隆鼻

鼻の美容整形


鼻の美容整形のすべて

鼻を高くしたい。もっとスッキリとした鼻筋がほしい!!

私はゴアテックスで鼻を高くする「隆鼻術」。

ゴアテックス隆鼻

ゴアテックスによる隆鼻。あまり聞きなれない方法で鼻を高くするのですが、ゴアテックスとはそもそもなんなんだろう? シリコンとは違うの? ゴアテックス隆鼻対していろいろな疑問を持たれる方は多いと思います。実際にゴアテックスによる隆鼻というのはごく限られた美容クリニックでしか行われてはおりません。ここではゴアテックスを用いた隆鼻について解説していきます。

ゴアテックス隆鼻の実際

ゴアテックスを用いた隆鼻の流れ、方法についてご案内しましょう。
ゴアテックスを用いた隆鼻もシリコンプロテーゼを用いた隆鼻も基本的に流れは同じです。最初に鼻全体に局所麻酔の注射を打ちます。麻酔が効いたら鼻の穴を1センチ程度切開します。
次にゴアテックスを留置する場所を作ります。基本的には骨膜上に留めるため骨膜を剥がしてポケットを作成します。
ゴアテックスを留置するポケットがきちんと作成できたらいよいよゴアテックスを鼻の中に挿入します。ゴアテックスは非常に柔らかいためプロテーゼと違い挿入は比較的難しいようです。
挿入されたゴアテックスの位置、鼻の高さ、形状を確認しご希望通りなら傷を縫合して隆鼻を終了します。


ゴアテックスとシリコンプロテーゼの比較

シリコンプロテーゼとゴアテックスの硬さを比べると、シリコンプロテーゼのほうが硬くしっかりとしています。元々鼻というのは鼻骨と軟骨で構成されていますから硬いシリコンプロテーゼのほうがフィットするでしょうし、そのほうが自然です。しかし、シリコンプロテーゼというのは皮膚の薄い人などはシリコンの輪郭が浮き出やすいため、皮膚の薄い人には向きません。その点、ゴアテックスは非常に柔らかいので、皮膚の薄い人であっても鼻を高くした人工物としての不自然な輪郭の心配はありません。
また、眉間近くまで高くしたい人や、眉間部分まで含めた高さが必要な場合は、シリコンでは硬すぎるため不向き。その場合はゴアテックスを用いて鼻、眉間を高くする隆鼻をおこないます。



ゴアテックスの特徴

シリコンプロテーゼというのは体の組織と癒着することはありません。シリコンと組織の接着面には線維状のカプセルを形成しますが、ゴアテックスはカプセルができないので、将来的な石灰化やシリコンプロテーゼのように輪郭が浮き出ることもありません。 緩やかに弱く癒着するため万一気に入らない場合でも抜去は容易です。
ただし、感染のリスクがあります。一般的にシリコンプロテーゼで万一感染を引き起こした場合、隆鼻の直後に感染を起こしますが、ゴアテックスの場合、遅延性の感染を起こすことがあります。ただし、原因は究明されてはいません。



>次はゴアテックス隆鼻の実際ついてご案内致します。
線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.