美容外科選びTOP > 二重まぶた > 目頭切開

目頭切開は二重まぶたの代表的な整形術!!


目頭切開で目元の魅力をさらにアップする!!

目尻切開ができる医者は限られている。上手なのは専門医である。

目頭切開

二重のラインの形状を平行型に変化させる目頭切開法。目頭に蒙古襞がかぶさることによって目元を小さく見せ、目と目の間に広がりが生じてしまう。また、蒙古襞は二重のラインを妨げ末広型の二重にしてしまう。目頭切開法は、蒙古襞のかぶさりを除去し、二重のラインを平行型にすることで、はっきりとした二重のラインを実現し、目を大きく変化させる。埋没法や上眼瞼切開など他の二重手術と併用して治療を行うとより目元を大きく見せる効果が高い。


目頭切開の方法

目頭切開は蒙古襞と呼ばれる筋を切除し目を大きく見せる美容整形テクニックの一つです。目頭切開の手術にはZ形成術、W形成術(内田法)などさまざまな術式がありますが、一般的にはZ形成を用いる。
目頭の部分に局所麻酔をします。Z型のデザイン上に皮膚を切開し、次に眼輪筋も切開します。次に皮膚を縫い合わせて終了です。

目頭切開のメリット・デメリット

目頭切開=平行型の二重まぶたではありません。多くの美容外科では目頭切開することで平行型にできると掲載していますが、現実には目頭切開だけでは不十分であり、二重まぶたの幅も広くしなくてはいけないケースも多い。あくまで状態でかわってくるのです。

目頭切開のデメリット
傷跡が目立ちやすい 目頭切開の問題点はなんといっても傷跡。目頭の部分を三日月状に切開する方法などは傷が残るだけじゃなく、まるくおかしな目頭になってしまうこともある。特に経験の未熟な医師などではそういったこともある。目頭切開はさまざまな手術バリエーションが豊富にできる医師を選ぶべきである。



選んじゃいけないクリニック  

目頭切開は医師の経験んと技術が結果に大きく左右してきます。医師の経歴をしっかりと確認し美容外科を選びましょう。特に経験年数が5年にも満たない医師などは要注意である。また、治療症例を強調しているクリニックなどもリスクが高い。雑誌などの広告に「10,000例を超す実績」などと吹聴している美容外科などはあり得ない数字もある。考えて見て下さい。手術は5分、10分で終わる手術はありません。目頭切開などは準備も含めると1時間近くかかります。毎日休まずに目頭切開だけを繰り返したとしてもせいぜい8件が限界です。他の手術もしたりしていることを考えると10000件を超すためには何年、何十年もかかるのです。そこまで働いている医師は見たことありません。
美容外科における指導医というのも当てにはなりません。大学などで講師などをしているのであればわかりますが、自分達で適当に「おれたちは指導医だ!」なんておバカな医師も多いのです。

二重まぶたの整形で目力をアップさせる
二重まぶたの美容整形手術のご紹介

埋没法 - 糸で止めるだけの二重まぶた形成術
マイクロカット法 - 脂肪を取ってスッキリ二重まぶたになる
部分切開法 - 少しの切開で取れない二重まぶたになる
上眼瞼切開法 - 切開して永久的な二重まぶたを手に入れる
眉毛下切開 - まぶたのたるみを取って引き上げる
眼瞼下垂 - パッチリとした大きな二重まぶたになる
たれ目形成 - 目力アップしやさしげなまなざしに変わる
目尻切開 - 目を広げて大きくする
二重まぶたの名医 - 二重まぶたのスペシャリスト図鑑

線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.