美容外科選びTOP > 二重まぶた > 目尻切開

目尻切開は二重まぶたの代表的な整形術!!


目尻切開で目元の魅力をさらにアップする!!

目尻切開ができる医者は限られている。上手なのは専門医である。

目尻切開

目尻を切開し、目の横幅を広げる目尻切開法。他の目元の手術は目を縦に大きく見せる効果があるが、目尻切開は横に大きく変化させる。切れ長な目に変化するだけでなく、目尻からコメカミまでの肌面積が狭まることで小顔効果も期待できる。目が顔の中央に寄っている方、目尻からコメカミまでの面積が広い方などに適応の治療法。


目尻切開の方法

目尻切開は目の外側を広げて横長の目元にする手術です。
まず、目尻の切開範囲に局所麻酔をします。皮膚、結膜の部分を切開、切除します。細かなトリミングをして傷を縫い合わせて終了します。この手術は術後の固定が少し大げさになります。目尻切開の効果をさらに高めるために糸を外側に広げて概ね10日固定することがあります。

目尻切開のメリット・デメリット

目尻切開は誰でも有効な手術ではありません。大切なのは治療の適応です。左右の白目の外側の部分が隠れている方には非常に有効ですが、もともとしっかりと外側の白目が出ているひとは目尻切開をしても効果癌なかったり、結膜の部分が表面に見えやすく非常に不自然となることがあります。

眼瞼下垂のデメリット
ドライアイ 手術の後閉眼しても少し隙間ができることがある。その影響でドライアイになる傾向があります。点眼薬などを処方してもらうか、準備しておくこと。
結膜浮腫 結膜からの手術ということ。さらに瞼板との固定によって一時的に眼球や結膜に浮腫が出てしまうことがあります。軽度のものであれば問題ありませんが、水ぶくれのように大きくなかなか引かない場合は固定すている糸を外す必要があります。
睫毛の欠損 目尻が広がったとしても広がった範囲の睫毛は欠損している状態になります。これではおかしな目元になります。もちろん、メイクでごまかすことで改善は認められますが、スッピン時には不自然です。アートメイクなどでアイラインを描くことで自然さを保つことができます。



選んじゃいけないクリニック  

目尻切開はすべての医師が簡単にできる治療ではありません。術式には曖昧な部分も多く、医師の経験ひとつで大きく結果も大きく変わります。眼瞼下垂などの治療例が多く、高度な治療技術を持つ医師を選ぶべきでしょう。

二重まぶたの整形で目力をアップさせる
二重まぶたの美容整形手術のご紹介

埋没法 - 糸で止めるだけの二重まぶた形成術
マイクロカット法 - 脂肪を取ってスッキリ二重まぶたになる
部分切開法 - 少しの切開で取れない二重まぶたになる
上眼瞼切開法 - 切開して永久的な二重まぶたを手に入れる
眉毛下切開 - まぶたのたるみを取って引き上げる
眼瞼下垂 - パッチリとした大きな二重まぶたになる
目頭切開 - 目を大きくして目元をパッチリさせる
たれ目形成 - 目力アップしやさしげなまなざしに変わる
二重まぶたの名医 - 二重まぶたのスペシャリスト図鑑

線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.