美容外科選びTOP > 二重まぶた > 眼瞼下垂症

眼瞼下垂は二重まぶたの代表的な整形術!!


眼瞼下垂症の手術で失敗はあるの?失敗するとまぶたはどうなるの?

眼瞼下垂症に限ったことではないが、どんな手術においても失敗のリスクはある!!

眼瞼下垂症の手術を徹底解明。これで私は失敗しない!!眼瞼下垂症の実際の手術、治療の方法について詳しくなりたい。なるべき。

意を決して眼瞼下垂の手術に挑んだのもの、こんな仕上がりになるなんて。目力アップ!!のはずが、なんだか余計に眠そうなまぶたになっていない!?眼瞼下垂の手術にも実際、多くの失敗例はある。眼瞼下垂の手術で失敗はないという医者ほどいかがわしいインチキ医者である。
眼瞼下垂の手術で一番多い失敗はあきらかな左右差や傷の醜さ。美容整形ならこういった事情も踏まえて手術してほしいものである。


眼瞼下垂の失敗について

眼瞼下垂における失敗というのは大きく分けて2つ。ひとつは元々が治療適応外であったケース。もうひとつは、医者の技術的ミスによる失敗である。眼瞼下垂は誰もが認める非常に有効な手術である。しかし、すべての人がハッピーになれる夢の手術ではない。例えば片頭痛や肩こりなどの症状を解消したいと願っても、効果のある人は7割程度しかない。そのため、片頭痛や肩こりの治療目的として眼瞼下垂の手術を選択するというのは誤りである。
片頭痛や肩こりの第一選択としては、頭痛外来や整形外科による治療である。眼瞼下垂の手術ですべてが改善できると言っている医師はただのエゴである。とは言え全体の7割の人には改善もあるため治療を選択するというのもひとつの選択肢であろう。


眼瞼下垂に起こりうるトラブル・失敗

  • ビックリ目になった
    [症状] ギョロっとした眼。すごく不自然。

    眼瞼下垂の手術で非常に多いのが不自然な仕上がりです。ギョロっと見開いた眼は誰から見ても不自然である。少し変わった医師などはそれを目力と考えているのか?手術を受けた人たちのほとんどがそういった仕上がりになつ美容外科もある。医師自身が眼瞼下垂の手術を受けいかにもといったクリニックは要注意である。


  • 明らかな左右差
    [症状] 見た目に二重まぶたの左右の幅が違う。

    一時的な腫れということもある。腫れというのは左右均等に腫れない場合も多い。1,2週間様子を見て腫れや左右差が改善しない場合は修正する必要がある。

  • ドライアイが悪化した
    [症状] 目のショボショボ感、目の疲れなど

    いくらたれ目にしたいからといっても過剰にやりすぎると目を閉じても隙間を生じる。その場合、ドライアイなどになりやすい。一時的なものであれば目薬などで我慢すれば良いが、長く続く場合は再度手術をして修正する必要がある。

これらの問題はどんなに技術が優れていても起こす可能性は絶対にないとは言い切れない。しかし、技術の高い医師の場合、その可能性は限りなく少なくすることができる。その上、万一、眼瞼下垂でトラブルを引き起こしたとしても誠実にしっかりと対処してくれる。眼瞼下垂で大切なのは医師選びに尽きる。眼瞼下垂を受ける場合、最低でも3、4つのクリニックでカウンセリングを受けよう。


選んじゃいけないクリニック

眼瞼下垂の手術は医師の経験と技術が結果に大きく左右してきます。医師の経歴をしっかりと確認し美容外科を選びましょう。特に経験年数が5年にも満たない医師などは要注意である。
特に症例写真をみて不自然さやビックリ目になっているクリニックでの治療は避けるべき。いくつものクリニックに相談に出向き症例写真などで一定の判断基準としても良い。



>次は美容整形と眼瞼下垂について
線維芽細胞 美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.