美容外科選びTOP > 美容整形にかかる費用について

美容整形にかかる費用について

美容整形にかかる費用は料金表だけでいいの?それ以外にかかる費用は?
クリニックによって大きく違う料金について徹底解明。

美容外科治療で発生する費用

美容外科で発生する費用はクリニックによっても大きく違う。一般的にはカウンセリング費用、検査費用、手術費用の3つが加算される。

初診料(カウンセリング費用)

カウンセリングにかかる費用。無料カウンセリングのクリニックもあるが、多くのクリニックは3,150円から5,250円で行われている。また、再カウンセリングを希望する場合にも費用が発生することもある。

検査費用

血液検査、レントゲン、セファロ、パントモグラフィー、心電図など治療上必要となる検査にかかる実費。クリニックによってさまざま。血液検査などは1万円前後が相場。

手術費用

通常、抜糸や術後検診なども含めて手術費用として算定するところが多い。そのため、なにも問題がなければ追加加算されることはない。絶対に受けてはいけないクリニックは手術中に費用が変動するというクリニック。これだけは絶対に危険である。もちろん自由診療だから価格は自由に設定できるが、埋没法と目頭切開で100万円を超す治療費を請求された悪質なクリニックも存在する。

ATTENTION!!

再手術費用について

万一、再手術をうけなくてはいけなくなった場合のことも考え、事前に再手術費用についても確認しておこう。基本的には無料というところが多いが、麻酔費用やお薬代として請求されることもある。事前に確認しておけばトラブルにはなりにくい。

美容外科における治療費用

美容外科はもちろん保険は効かない。ずべてが自費診療、自由診療である。そのため医療機関が独自に治療費用を設定できる。現在、国内には大手のグループクリニックなど含め500施設程度あると言われている。それらすべてが独自に価格を設定しているためよくわからない部分も多い。もちろん安ければ利用しやすいというお手頃感もあるが安ければ良いということは絶対にない。逆も同じ高ければ良いということでもないのである。美容外科手術それぞれに相場価格というのは存在するその相場価格からかけ離れた価格設定は何らかの問題があると疑ってかかるべきなのである。

治療費用は医者の技術だけで評価されている訳ではない。

あまり知られていないが、実は手術の縫合で使う糸ひとつをとっても価格は大きく違う。とりあえずなんでも安い価格のナイロン糸を使えばコストもそれだけ抑えることができる。しかし、ブランド糸と呼ばれる一流メーカーの糸を使えばそれだけで1回の手術で数万円のコストがかかる。どういったものを使うかはその医師の考え方にもよって変わってくるだろう。
勘違いしてはいけないのはボトックスや豊胸で用いるプロテーゼなどは大量に購入したとしても大きく価格に変動はない。極端に安い価格でおこなうことは基本的には不可能であり、実際には別のものが使用されている可能性が高い。ようするにリスクが高いのである。美容整形に限らずどんなものにも相場というのがあるのである。

美容整形治療費用の相場リスト

埋没法:8~12万円
マイクロカット:20万円前後
小切開:30万円前後
上眼瞼切開:30万円前後
眼瞼下垂:30~50万円
目頭切開:20万円前後
目尻切開:30~40万円
下眼瞼下制術:30~40万円
隆鼻術:20~30万円
鼻翼縮小:20万円前後
鼻尖縮小:30万円前後
線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.