美容外科選びTOP > 美容整形の基本的な治療の流れ

美容整形の基本的な治療の流れ

美容整形(美容外科)とは一重まぶたを二重まぶたにしたり、幅を広げたり、鼻を高くするなど見かけを美しく整える外科的な治療を言います。ヘアメイクやネイルサロンなどのように容易に修正できるものではないため治療には慎重にならなくてはいけません。

美容整形の具体例 → 美容外科の目的 → 美容外科の基本的な治療の流れ → 加齢による変化

美容整形の具体例

・形を形成する美容外科:二重まぶた、鼻の整形、口の整形
・骨を形成する美容外科:エラ削り、顎削り、頬骨削り、LefortⅠ、SSRO
・ボディラインを形成する美容外科:脂肪吸引、豊胸術
・若返りを目的とする美容整形:フェイスリフト
・皮膚を治療する美容皮膚科:レーザー治療、再生医療、線維芽細胞移植術
・機能改善を目的とする美容外科:眼瞼下垂、陥没乳頭など

美容外科の目的

美容外科は見た目をきれいにすることが目的です。しかし、だからといって健康を損ないながら美しくなるはずはありません。元々の骨格や筋肉などの基本構成というのは人によって違います。そのため、モデルさんのようになりたいと思っても全く同じように出来るわけではありません。あくまで常識範囲内での治療でないとさまざまなリスクを背負うことになります。その中でコンプレックスを解消し、悩みを取り除き笑顔を取り戻すのも美容外科の大きな役割なのです。
私たちがこのサイトを運営する目的は、ひとりでも多くの方が豊かな日々を送ることができるよう、健やかな身体づくりに貢献することにあります。美容整形についてお悩みの方は、ぜひこのサイトをすみずみまでご覧いただいた上で、一度、専門となる美容外科医にご相談ください。

美容外科の基本的な治療の流れ


美容外科手術の大まかな手順をご紹介します。
治療内容に応じてさまざまですが、基本的な流れをご紹介します。

1.ご予約

美容外科のほとんどは完全予約制です。事前にご予約のスケジュールを組む必要があります。また、カウンセリングに行かれる前に電話でプチカウンセリングとしていろいろと質問することも大切です。受付の対応ひとつでもクリニックの事情がわかることもあります。費用については実際の治療内容によっても変わりますが、目安として参考にもなりますから確認しておきましょう。 美容外科治療費相場はこちら→

2.カウンセリング

事前の予約を済ませたらいよいよ医者のカウンセリングです。どこを整形したいのか?今の悩みを含めよく相談し、どの治療法が適当であるのか、その利点と弊害について、治療時間・期間、費用についてしっかりと説明してもらいましょう。きちんと納得のいく説明を受けてから美容外科の手術を受けることが重要です。疑問点がある場合には、怖がらずにきちんと質問しましょう。質問に答え、しっかりと説明してくれる信
頼のおける美容外科を選びましょう。

カウンセリング当日に絶対に治療は受けない。
無理に勧められたらとにかく逃げる。
美容外科の場合、クーリングオフは対象外である。契約には絶対に注意すること。
手術の同意書も見せてもらいましょう。細々と書かれていたり、個人差があるや多少の左右差は文句をいうな。などの内容があればそんなクリニックでは受けてはいけません。

3.各種検査

治療内容によっては血液検査やレントゲン、心電図検査などさまざまな検査が必要になることがあります。輪郭形成などの治療においてろくな検査も実施せずに治療している悪質なクリニックも見受けられます。”検査をしなくても大丈夫だから”と言われたら手術を申し込むのは止めましょう。

4.手術も申込

カウンセリングが十分納得でき信頼できる医者であればいよいよ決心を固め手術の申し込みです。注意してほしいのは美容外科の手術はキャンセル料は高額です。それが良いか悪いか私が申し上げる立場にはありません。十分注意して申込ましょう。

5.美容整形

いよいよ美容整形の手術です。ここまできたらあとは医者を信頼するだけです。直前まで悩んでいるのであれば無理に手術は受けないようにしましょう。キャンセル料はかかりますが不安を持ったままの手術はかえってリスクが高くなります。
手術の前に同意書を書かされます。再度、同意書の内容を確認しましょう。悪質なクリニックなどは同意書に細々とかかれていて非常にわかりにくくなっています。簡素な同意書はクリニックの信頼の証でもあります。ひどい同意書などは効果には個人差がある。多少の左右差は文句を言うな。などの文面を見かけます。そういったクリニックでの治療は避けるべきです。

6.術後の処置とケア

切開を伴う手術は基本的には抜糸が必要です。医師に指示された日程で抜糸などの処置を受ける必要があります。どういった治療でも最終的な仕上がりは3カ月を目安にしましょう。最終の診察では納得のいく色や形に仕上がっているかを確認します。満足できなかった場合はその旨を伝え、修正などを含め主治医と相談しましょう。具体的に気になる部分があればきちんと医師に伝えましょう。
最近では韓国などで整形を受けて飛び込みで日本の美容外科に抜糸をしてくれという非常識な方も増えていますが、責任の問題もあります。韓国で治療を受けた場合でも韓国の主治医の下での処置が原則です。

7.メンテナンス

通常、ほとんどの美容整形は術後の経過に問題がなければメンテナンスの必要はありません。ただし、豊胸術などは一定の期間を過ぎたら主治医の診察を受けることが望ましいです。ネットなど巷の噂では整形すると将来おかしくなるという都市伝説がありますが、惑わされてはいけません。正しい治療で正しい医療材料を使っていればそういった心配はありません。安心してお過ごし下さい。

加齢による変化

人は常に老化しています。昨日よりは今日、今日よりは明日。皮膚は老化していきます。例えば二重まぶたの手術を受けたとしても、年々、幅は狭くなります。これは手術の問題ではなく皮膚のたるみです。フェイスリフトも同様です。少しずつたるみは出てきます。多くの方はこれを再発と勘違いされますが、これらは再発ではありません。元に戻った!!と不満をぶつけられる方も多いのですが、これを言いだしたらどんな名医でも無理な要望です。外科的な手術において数週間で戻ってしまったなどであれば技術的な問題や自己管理の問題ですが、数年経過して元に戻ったと考えてはいけません。元に戻った感じはありますが、手術を受けたからこそその程度で済んでいるんです。手術を受けていなければもっと醜いたるみを伴っているのです。加齢による変化は常に起こりうると考えて下さい。
線維芽細胞
美容外科治療情報

美容外科スペシャルコンテンツ
本当は怖い美容外科 本当は怖い美容整形!!
美容外科、医者は本当は怖い!!実際におこなわれているさまざまな出来事を伝えます。
最先端の美容外科 最先端の美容外科技術
常に進歩する医療技術。ここでは美容医療に関する最新情報をピックアップを報告します。

プライバシーポリシーお問い合わせリンク集
Copyright allright reserved. cosmetic-selection.